Publication list

Last-updated: December 8, 2017

English version is here.


分野別一覧


目次


論文誌

  1. Kazuyuki Shudo, Takashi Yaguchi:
    "Causal Consistency for Data Stores and Applications as They are",
    Journal of Information Processing (JIP), Vol.25 (2017), pp.775-782,
    2017年 8月 15日
  2. 北條真史, 長尾洋也, 宮尾武裕, 首藤一幸:
    "柔軟な経路表に基づく二次元平面上の構造化オーバレイ",
    情報処理学会論文誌, Vol.56, No.2, pp.439-447,
    2015年 2月 15日
  3. 矢口尭, 中村俊介, 首藤一幸:
    "クラウドストレージにおける読み出し性能と書き込み性能のトレードオフ動的調整手法",
    電子情報通信学会論文誌, Vol.J97-D, No.4, pp.752-761,
    2014年 4月 1日
  4. 安藤泰弘, 長尾洋也, 宮尾武裕, 首藤一幸:
    "FRT-2-Chord: one-hopとmulti-hopのシームレスな移行が可能かつ経路表に対称性を持つDHTアルゴリズム",
    情報処理学会論文誌 コンピューティングシステム (ACS), Vol.5, No.5, pp.66-75,
    2012年 10月 15日
  5. 首藤一幸:
    "構造化オーバレイでの一括フォワーディング",
    情報処理学会論文誌 コンピューティングシステム (ACS), Vol.2, No.3, pp.39-46,
    2009年 9月 18日
  6. 首藤一幸:
    "下位アルゴリズム中立なDHT実装への耐churn手法の実装",
    情報処理学会論文誌: コンピューティングシステム, Vol.49, No.SIG2 (ACS 21), pp.1-9,
    2008年 3月
  7. 平野基孝, 首藤一幸, 田中良夫, 佐藤三久:
    "匿名性と不正者の特定を両立するP2P環境用認証方式",
    情報処理学会論文誌: コンピューティングシステム, Vol.49, No.SIG2 (ACS 21), pp.139-159,
    2008年 3月
  8. Kazuyuki Shudo, Yoshio Tanaka, Satoshi Sekiguchi:
    "Overlay Weaver: An Overlay Construction Toolkit",
    Computer Communications (Special Issue on Foundations of Peer-to-Peer Computing), Elsevier Science,
    Volume 31, Issue 2, pp.402-412,
    2008年 2月 5日 (available online on August 14, 2007)
  9. 首藤一幸, 田中良夫, 関口智嗣:
    "オーバレイ構築ツールキットOverlay Weaver",
    情報処理学会論文誌: コンピューティングシステム, Vol.47, No.SIG12 (ACS 15), pp.358-367,
    2006年 9月 (情報処理学会 平成18年度論文賞)
  10. Kazuyuki Shudo, Satoshi Sekiguchi, Yoichi Muraoka:
    "Cost-Effective Compilation Techniques for Java Just-in-Time Compilers",
    Systems and Computers in Japan, John Wiley & Sons, Inc., Volume 35, Issue 12, pp.10-24,
    2004年 11月 15日 (published online on September 1, 2004)
  11. Hiroshi Takemiya, Kazuyuki Shudo, Yoshio Tanaka, Satoshi Sekiguchi:
    "Constructing Grid Applications Using Standard Grid Middleware",
    Journal of Grid Computing, Kluwer Academic Publishers, Volume 1, No.2, pp.117-131,
    2004年 6月
  12. 首藤一幸, 大西丈治, 田中良夫, 関口智嗣:
    "計算機資源の流通および集約のためのP2Pミドルウェア",
    情報処理学会論文誌: コンピューティングシステム, Vol.45, No.SIG6 (ACS 6), pp.208-222,
    2004年 5月 15日
  13. 武宮博, 首藤一幸, 田中良夫, 関口智嗣:
    "Grid環境上における気象予報シミュレーションシステムの構築",
    情報処理学会論文誌: コンピューティングシステム, Vol.44, No.SIG11 (ACS 3), pp.23-33,
    2003年 8月
  14. 首藤一幸, 関口智嗣, 村岡洋一:
    "厳密な浮動小数点演算セマンティクスの Java 実行時コンパイラへの実装",
    情報処理学会論文誌, Vol.44, No.6, pp.1570-1582,
    2003年 6月
  15. 首藤一幸, 関口智嗣, 村岡洋一:
    "Java Just-in-Time コンパイラのためのコスト効率の良いコンパイル手法",
    電子情報通信学会論文誌, Vol.J86-DI, No.4, pp.217-231,
    2003年 4月
  16. Kazuyuki Shudo, Yoichi Muraoka:
    "Asynchronous Migration of Execution Context in Java Virtual Machines",
    Future Generation Computer Systems, Elsevier Science, Volume 18, Number 2, pp.225-233,
    2001年 10月
  17. 首藤一幸, 根山亮, 村岡洋一:
    "プログラマに単一マシンビューを提供する分散オブジェクトシステムの実現",
    情報処理学会論文誌, Vol.40, No.SIG7 (PRO 4), pp.66-79
    (情報処理学会論文誌:プログラミング, 1998-5-(16)),
    1999年 8月

研究発表 (国際, 査読あり)

  1. Kenta Iwasaki, Kazuyuki Shudo:
    "Estimating the Clustering Coefficient of a Social Network by a Non-Backtracking Random Walk",
    Proc. 2018 IEEE Int'l Conf. on Big Data and Smart Computing (IEEE BigComp 2018),
    2018年 1月 15日〜18日 (採択) (regular paper, 投稿 288件, 採択 regular paper 72件, short paper 43件)
  2. Toshiki Matsumura, Kenta Iwasaki, Kazuyuki Shudo:
    "Average Path Length Estimation of Social Networks by Random Walk",
    Proc. 2018 IEEE Int'l Conf. on Big Data and Smart Computing (IEEE BigComp 2018),
    2018年 1月 15日〜18日 (採択) (short paper, 投稿 288件, 採択 regular paper 72件, short paper 43件)
  3. Ryohei Banno, Jingyu Sun, Masahiro Fujita, Susumu Takeuchi, Kazuyuki Shudo:
    "Dissemination of Edge-Heavy Data on Heterogeneous MQTT Brokers",
    Proc. 6th IEEE Int'l Conf. on Cloud Networking (IEEE CloudNet 2017), pp.5-11,
    2017年 9月 25〜27日 (full paper, 投稿 53件, 採択 full paper 22件, short paper 6件)
  4. Kazuyuki Shudo:
    "Message Bundling on Structured Overlays",
    Proc. 22nd IEEE Symposium on Computers and Communications (IEEE ISCC 2017), pp.424-431,
    2017年 7月 3〜6日 (投稿, 397件, 採択 169件)
  5. Takafumi Kawaguchi, Ryohei Banno, Masashi Hojo, Masaaki Ohnishi, Kazuyuki Shudo:
    "Self-Refining Skip Graph: Skip Graph Approaching to an Ideal Topology",
    Proc. 14th IEEE Consumer Communications & Networking Conference (IEEE CCNC 2017), pp.441-448,
    2017年 1月 8〜11日 (regular paper, 投稿 302件, 採択 regular paper 105件, work-in-progress paper 40件)
  6. Kazuyuki Shudo, Yuya Kato, Takahiro Sugino, Masatoshi Hanai:
    "Parallel Discrete-Event Simulation on Data Processing Engines",
    Proc. 20th IEEE/ACM Int'l Symposium on Distributed Simulation and Real Time Applications (IEEE/ACM DS-RT 2016), pp.69-76,
    2016年 9月 21〜23日 (full paper, 投稿 50件, 採択 full paper 21件, short paper 3件)
  7. Masashi Hojo, Ryohei Banno, Kazuyuki Shudo:
    "FRT-Skip Graph: A Skip Graph-Style Structured Overlay Based on Flexible Routing Tables",
    Proc. 21st IEEE Symposium on Computers and Communications (IEEE ISCC 2016), pp.688-693,
    2016年 6月 27〜30日 (full paper, 投稿 403件, 採択 full paper 159件, short paper 18件)
  8. Kazuyuki Shudo, Takashi Yaguchi:
    "Causal Consistency for Distributed Data Stores and Applications as They are",
    Proc. 40th IEEE Computer Society Int'l Conference on Computers, Software and Applications (IEEE COMPSAC 2016), pp.602-607,
    2016年 6月 10〜14日 (short paper, 投稿 286件, 採択 regular paper 51件, short paper 44件)
  9. Yasunari Takatsuka, Hiroya Nagao, Takashi Yaguchi, Masatoshi Hanai, Kazuyuki Shudo:
    "A Caching Mechanism Based on Data Freshness",
    Proc. 3rd Int'l Conf. on Big Data and Smart Computing (BigComp 2016), pp.329-332,
    2016年 1月 18日〜20日 (short paper, 投稿 152件, 採択 regular paper 35件, short paper 35件)
  10. Masashi Hojo, Hiroya Nagao, Takehiro Miyao, Kazuyuki Shudo:
    "A Two-dimensional Structured Overlay Based on Flexible Routing Tables",
    Proc. 20th IEEE Symposium on Computers and Communications (IEEE ISCC 2015), pp.309-314,
    2015年 7月 6〜9日 (投稿 341件, 採択 137件)
  11. Hiroya Nagao, Kazuyuki Shudo:
    "Mergeable Flexible Routing Tables: A Design Framework for Reusable Structured Overlay Algorithms",
    Proc. Int'l Conf. on Information Networking 2015 (ICOIN 2015),
    2015年 1月12〜14日 (投稿 260件, 採択:口頭発表 63件, 採択:ポスター発表 58件)
  12. Masatoshi Hanai, Toyotaro Suzumura, Anthony Ventresque, Kazuyuki Shudo:
    "An Adaptive VM Provisioning Method for Large-Scale Agent-based Traffic Simulations on the Cloud",
    Proc. 6th IEEE Int'l Conf. on Cloud Computing Technology and Science (IEEE CloudCom 2014), pp.130-137,
    2014年 12月 15〜18日 (投稿 301件, 採択 54件)
  13. Hiroya Nagao, Takehiro Miyao, Kazuyuki Shudo:
    "GFRT-Chord: A Flexible Structured Overlay Using Node Groups",
    Proc. 11th IEEE Int'l Conf. on Ubiquitous Intelligence and Computing (IEEE UIC 2014),
    2014年 12月 9〜12日 (投稿 154件, full paper 採択 41件)
  14. Masatoshi Hanai, Kazuyuki Shudo:
    "Optimistic Parallel Simulation of Very Large-Scale Peer-to-Peer Systems",
    Proc. 18th IEEE/ACM Int'l Symposium on Distributed Simulation and Real Time Applications (IEEE/ACM DS-RT 2014), pp.35-42,
    2014年 10月 1〜3日 (投稿 50件前後, 採択 regular paper 22件, short paper 2件)
  15. Yasuhiro Ando, Hiroya Nagao, Takehiro Miyao, Kazuyuki Shudo:
    "Routing Table Construction Method Solely Based on Query Flows for Structured Overlays",
    Proc. 14th IEEE Int'l Conference on Peer-to-Peer Computing (IEEE P2P'14),
    2014年 9月 8日〜12日 (short paper, 投稿 54件, 採択 regular length paper 14件, short paper 11件)
  16. Masatoshi Hanai, Anthony Ventresque, Kazuyuki Shudo, Toyotaro Suzumura:
    "Towards a Framework for Adaptive Resource Provisioning in Large-Scale Distributed Agent-based Simulation",
    Proc. 2nd Workshop on Parallel and Distributed Agent-Based Simulations (PADABS 2014) (in conj. with Euro-Par 2014),
    2014年 8月 25日
  17. Takehiro Miyao, Hiroya Nagao, Kazuyuki Shudo:
    "A Structured Overlay for Non-uniform Node Identifier Distribution Based on Flexible Routing Tables",
    Proc. 19th IEEE Symposium on Computers and Communications (IEEE ISCC 2014),
    2014年 6月 23〜26日 (投稿 338件, 採択 157件)
  18. Yasuhiro Ando, Hiroya Nagao, Takehiro Miyao, Kazuyuki Shudo:
    "FRT-2-Chord: A DHT Supporting Seamless Transition between One-hop and Multi-hop Lookups with Symmetric Routing Table",
    Proc. Int'l Conf. on Information Networking 2014 (ICOIN 2014),
    2014年 2月10〜12日 (投稿 238件, 採択:口頭発表 63件, 採択:ポスター発表 49件)
  19. Takehiro Miyao, Hiroya Nagao, Kazuyuki Shudo:
    "A Method for Designing Proximity-aware Routing Algorithms for Structured Overlays",
    Proc. 18th IEEE Symposium on Computers and Communications (IEEE ISCC'13),
    2013年 7月 7〜10日 (投稿 302件, 採択 147件)
  20. Shunsuke Nakamura, Kazuyuki Shudo:
    "MyCassandra: A Cloud Storage Supporting both Read Heavy and Write Heavy Workloads",
    Proc. 5th Annual Int'l Systems and Storage Conference (SYSTOR 2012),
    2012年 6月 4〜6日 (full paper 投稿 50件, 採択 14件)
  21. Hiroya Nagao, Kazuyuki Shudo:
    "Flexible Routing Tables: Designing Routing Algorithms for Overlays Based on a Total Order on a Routing Table Set",
    Proc. 11th IEEE Int'l Conference on Peer-to-Peer Computing (IEEE P2P'11), pp.72-81,
    2011年 8月 31日〜9月 2日 (full paper 投稿 97件, 採択 29件)
  22. Kazuyuki Shudo:
    "Churn Tolerance Improvement Techniques in an Algorithm-neutral DHT",
    Proc. 3rd Int'l Conference on Autonomous Infrastructure, Management and Security (AIMS 2009), LNCS 5637, pp.42-55,
    2009年 7月 2日 (full paper, 投稿 28件, 採択 full paper 12件, short paper 3件)
  23. Kazuyuki Shudo, Yoshio Tanaka, Satoshi Sekiguchi:
    "P3: P2P-based Middleware Enabling Transfer and Aggregation of Computational Resources",
    Proc. Cluster Computing and Grid 2005 (CCGrid 2005, Fifth Int'l Workshop on Global and Peer-to-Peer Computing),
    2005年 5月 9日 (投稿 35件, 採択 11件)
  24. Kazuyuki Shudo et al.:
    "AG-derived Technologies supporting EXPO 2005",
    Access Grid Retreat 2005, San Francisco, USA,
    2005年 4月 28日
  25. Kazuyuki Shudo et al.:
    "Karaoke Grid - A mode of Entertainment Grid",
    Access Grid Retreat 2004, Toronto, Canada
    2004年 6月 9日
  26. Kazuyuki Shudo, Ken-ichi Miyanomae, Koichi Iijima, Kazuhiro Omura, Yasuhiro Funahashi, Ryo Katsuma, Uske Kuwa, Tomo Sonoda, Satoshi Sekiguchi, Yoichi Muraoka:
    "Karaoke Grid - Transpacific Synergistic Entertainment",
    SC Global 2003,
    2003年 11月 20日
  27. Yoshio Tanaka, Hiroshi Takemiya, Kazuyuki Shudo, Satoshi Sekiguchi:
    "Climate Simulation using Ninf-G on the ApGrid Testbed",
    Proc. Cluster Computing and Grid 2003 (CCGrid 2003),
    2003年 5月14日
  28. Gregor von Laszewski, Kazuyuki Shudo, Yoichi Muraoka:
    "Grid-based Asynchronous Migration of Execution Context in Java Virtual Machines",
    Proc. European Conference on Parallel Computing (Euro-Par 2000), pp.22-33,
    2000年 8月
  29. Kazuyuki Shudo, Yoichi Muraoka:
    "MetaVM: A Transparent Distributed Object System Supported by Runtime Compiler",
    Proc. International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications (PDPTA'2000), VOL. II, pp.879-882,
    2000年 6月
  30. Hirobumi Sugino, Kazuyuki Shudo, Masayoshi Sekiguchi, Yoichi Muraoka:
    "A Model for Stream Calculation",
    Proc. International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications (PDPTA'2000), VOL. II, pp.737-743,
    2000年 6月
  31. Kazuyuki Shudo, Yoichi Muraoka:
    "Efficient Implementation of Strict Floating-Point Semantics",
    Proc. Second Workshop on Java for High-Performance Computing (in conj. with ICS'00), pp.27-38,
    2000年 5月
  32. Kazuyuki Shudo, Yoichi Muraoka:
    "Noncooperative Migration of Execution Context in Java Virtual Machines",
    Proc. First Annual Workshop on Java for High-Performance Computing (in conj. with ICS'99), pp.49-57,
    1999年 6月
  33. Y.Yasu, H.Fujii, Y.Igarashi, E.Inoue, H.Kodama, A.Manabe, Y.Watase, Y.Nagasaka, M.Nomachi, S.Hirano, H.Takagi, K.Shudo, T.Arai, L.Sarmenta, C.Thomborson, R.Nicolescu and M.Duc:
    "Evaluation of Gigabit Ethernet with Java/HORB",
    Proc. International Conference on Computing in High Energy Physics (CHEP98),
    1998年 8月

研究発表 (国際, 査読なし)

  1. Naoki Matagawa, Kazuyuki Shudo:
    "Breakdown of a Benchmark Score Without Internal Analysis of Benchmarking Program",
    arXiv:1610.06307, 2016年 10月 20日

研究発表 (国際, 論文なしの口頭発表)

  1. Kazuyuki Shudo:
    "How to Construct A Distributed Data Store",
    12th Japanese-American Frontiers of Science (JAFoS) Symposium, Chiba, Japan,
    2010年 12月 3〜5日
  2. Kazuyuki Shudo:
    "A Review of ALM Software in Practical Use",
    IETF 76: Scalable Adaptive Multicast Research Group (SAM-RG),
    2009年 11月 9日
  3. Kazuyuki Shudo, Yoshio Tanaka, Satoshi Sekiguchi:
    "P3: Personal Power Plant - Makes over your PCs into power generator on the Grid",
    GGF10: Open Grid Service Architecture - Peer-to-Peer Research Group (OGSA-P2P RG),
    2004年 3月 12日
  4. Hiroshi Takemiya, Kazuyuki Shudo, Yoshio Tanaka, Satoshi Sekiguchi:
    "Development of Grid Applications on Standard Grid Middleware",
    GGF8,
    2003年 6月 25日

研究発表 (国内, 査読あり)

  1. 宮尾武裕, 長尾洋也, 首藤一幸:
    "柔軟な経路表に基づく範囲検索可能な構造化オーバレイ",
    インターネットコンファレンス2013 (
    IC2013) 論文集, ISSN 1341-870X, pp.61-67,
    2013年 10月 24日〜25日 (投稿 13件, 採択 9件)
  2. 杉野好宏, 華井雅俊, 首藤一幸:
    "MapReduceによる大規模分散システムのシミュレーション",
    インターネットコンファレンス2012 (IC2012) 論文集, ISSN 1341-870X, pp.21-27,
    2012年 11月 15日〜16日 (投稿 13件, 採択 9件) (学生奨励賞)
  3. 安藤泰弘, 長尾洋也, 宮尾武裕, 首藤一幸:
    "FRT-2-Chord: one-hopとmulti-hopのシームレスな移行が可能かつ経路表に対称性を持つDHTアルゴリズム",
    先進的計算基盤システムシンポジウム (SACSIS2012) 論文集, pp.210-218,
    2012年 5月 16〜18日 (投稿 55件, 採択 36件)
  4. 宮尾武裕, 長尾洋也, 首藤一幸:
    "構造化オーバレイにおける経路表の順序関係に基づくネットワーク近接性の考慮手法",
    インターネットコンファレンス2011 (IC2011) 論文集, ISSN 1341-870X, pp.41-48,
    2011年 10月 27〜28日 (投稿 18件, 採択 11件) (学生奨励賞)
  5. 長尾洋也, 首藤一幸:
    "柔軟な経路表: 経路表空間上の順序関係を利用したオーバレイネットワークルーティング方式",
    先進的計算基盤システムシンポジウム (SACSIS2011) 論文集, pp.117-125,
    2011年 5月 25〜27日 (投稿 74件, 採択 39件) (SACSIS2011 優秀若手研究賞: 対象 62件から 3件)
  6. 中村俊介, 首藤一幸:
    "読み出し性能と書き込み性能を両立させるクラウドストレージ",
    先進的計算基盤システムシンポジウム (SACSIS2011) 論文集, pp.171-180,
    2011年 5月 25〜27日 (投稿 74件, 採択 39件) (SACSIS2011 優秀若手研究賞: 対象 62件から 3件)
  7. 首藤一幸:
    "構造化オーバレイでの一括フォワーディング",
    先進的計算基盤システムシンポジウム (SACSIS2009) 論文集, pp.79-86,
    2009年 5月 28〜29日 (投稿 68件, 採択 38件)
  8. 首藤一幸:
    "下位アルゴリズム中立なDHT実装への耐churn手法の実装",
    第19回 コンピュータシステム・シンポジウム (ComSys 2007) 論文集, pp.191-198,
    2007年 11月 27〜28日
  9. 平野基孝, 首藤一幸, 田中良夫, 佐藤三久:
    "AUBReX: 匿名相互証明書とP2P通信を用いる認証方式",
    先進的計算基盤システムシンポジウム (SACSIS2007) 論文集,
    2007年 5月 23〜25日
  10. 首藤一幸, 田中良夫, 関口智嗣:
    "オーバレイ構築ツールキットOverlay Weaver",
    先進的計算基盤システムシンポジウム (SACSIS2006) 論文集, pp.183-191,
    2006年 5月 22〜24日 (SACSIS2006 最優秀論文賞)
  11. 首藤一幸, 田中良夫, 関口智嗣:
    "オーバレイ構築ツールキットOverlay Weaver",
    第9回 プログラミングおよび応用のシステムに関するワークショップ (SPA 2006),
    2006年 3月 6日
  12. 武宮博, 首藤一幸, 田中良夫, 関口智嗣:
    "Grid環境上における気象予報シミュレーションシステムの構築",
    先進的計算基盤システムシンポジウム (SACSIS2003) 論文集, pp.251-258,
    2003年 5月 29日
  13. 首藤一幸:
    "Java JIT コンパイラの高速化手法",
    夏のプログラミングシンポジウム「プログラミングの鉄人 - プログラミングの技」報告集, pp.65-75, 情報処理学会 プログラミング・シンポジウム委員会,
    2001年 8月 23日
  14. 首藤一幸, 村岡洋一:
    "Java Just-in-Time コンパイラ実用化と配布の経験",
    第4回 プログラミングおよび応用のシステムに関するワークショップ (SPA2001),
    2001年 3月 21日

研究発表 (国内, 査読なし: 研究会等)

  1. 大西真晶, 大和田泰伯, 首藤一幸:
    "Inter mesh network:無線メッシュ網間相互接続による広域網の検討",
    電子情報通信学会 技術研究報告, Vol.117, No.239, IA2017-21, pp.13-18,
    2017年 10月 13日
  2. 神田伶樹, 大西真晶, 首藤一幸:
    "ビットコインネットワーク上でのデータ伝搬時間推定の試み",
    電子情報通信学会 技術研究報告, Vol.117, No.239, IA2017-20, pp.7-12,
    2017年 10月 13日
  3. 岩﨑謙汰, 首藤一幸:
    "後戻りなしMetropolis-Hastings Random Walkによるソーシャルネットワークのグラフサンプリング",
    第9回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2017),
    2017年 3月 6日〜3月 8日
  4. 高橋良希, 首藤一幸:
    "P2Pネットワーク上のデータに対する偏りのない機械学習手法",
    第9回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2017),
    2017年 3月 6日〜3月 8日
  5. 松村俊樹, 岩﨑謙汰, 首藤一幸:
    "ランダムウォークを用いたソーシャルネットワークの平均距離推定",
    第9回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2017),
    2017年 3月 6日〜3月 8日
  6. 青木優介, 大西真晶, 首藤一幸:
    "Ballistic Skip Graph: Skip Graph型定数次数構造化オーバレイ",
    電子情報通信学会 技術研究報告, Vol.116, No.490, IA2016-112, SITE2016-82, pp.197-202,
    2017年 3月 3日〜4日
  7. 大西真晶, 首藤一幸:
    "Skip Delaunay network上の1ホップ通知群を用いたID/Locator解決システムの検討",
    電子情報通信学会 技術研究報告, Vol.116, No.490, IA2016-111, SITE2016-81, pp.191-196,
    2017年 3月 3日〜4日
  8. 藤田俊貴, 首藤一幸, 西川武志, 大西真晶:
    "撮影画像評価に基づく複数カメラ制御手法",
    電子情報通信学会 技術研究報告, Vol.116, No.463, MSS2017-39, CE2017-39, HI2017-39, ME2017-63, AIT2017-39, pp.321-326,
    2017年 2月 20日〜21日
  9. 藤田俊貴, 首藤一幸, 西川武志, 大西真晶:
    "撮影画像評価に基づく複数カメラ制御手法",
    電子情報通信学会 技術研究報告, Vol.116, No.208, PRMU2016-77, IBISML2016-32, pp.179-184,
    2016年 9月 5日〜6日
  10. 又川尚樹, 首藤一幸:
    "ベンチマークの内部解析を要さないスコア内訳分析手法",
    電子情報通信学会 技術研究報告, Vol.115, No.518, CPSY2015-151, DC2015-105(2016-03), pp.229-234,
    2016年 3月 24日〜25日
  11. 川口峻史, 坂野遼平, 北條真史, 首藤一幸:
    "Self-Refining Skip Graph: 理想的なSkip Graphに近づいていく構造化オーバレイ",
    電子情報通信学会 技術研究報告, Vol.115, No.481, IA2015-96, SITE2015-64, pp.103-108,
    2016年 3月 3日〜4日
  12. 北條真史, 坂野遼平, 首藤一幸:
    "FRT-Skip Graph: 柔軟な経路表に基づくSkip Graph型構造化オーバレイ",
    電子情報通信学会 技術研究報告, Vol.115, No.481, IA2015-95, SITE2015-63, pp.97-102,
    2016年 3月 3日〜4日
  13. 三津山修平, 北條真史, 首藤一幸:
    "確率的エントリ削除方式により経路表構築を行う構造化オーバレイ",
    電子情報通信学会 技術研究報告, Vol.115, No.481, IA2015-94, SITE2015-62, pp.91-95,
    2016年 3月 3日〜4日
  14. 曽我樹大, 華井雅俊, 高塚康成, 首藤一幸:
    "Key Sorting Bufferを用いた時系列データのデータベース処理高速化",
    第8回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2016),
    2016年 2月 29日〜3月 2日
  15. 高塚康成, 首藤一幸:
    "分散データストアの因果整合性違反度測定手法",
    第8回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2016),
    2016年 2月 29日〜3月 2日 (学生プレゼンテーション賞)
  16. 加藤裕也, 杉野好宏, 華井雅俊, 首藤一幸:
    "汎用分散処理システムでの大規模分散システムシミュレーション",
    第8回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2016),
    2016年 2月 29日〜3月 2日
  17. 岩﨑謙汰, 華井雅俊, 首藤一幸:
    "ソーシャルグラフ向けクラスタ係数推定手法の効率化",
    第8回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2016),
    2016年 2月 29日〜3月 2日
  18. 加藤裕也, 杉野好宏, 華井雅俊, 首藤一幸:
    "汎用分散処理システムでの大規模分散システムシミュレーションの予備評価",
    電子情報通信学会 技術研究報告, Vol.115, No.404, NS2015-162, pp.93-96,
    2016年 1月 21日〜22日
  19. 矢口尭, 首藤一幸:
    "広域分散データストアに因果整合性を付加するミドルウェア",
    第7回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2015),
    2015年 3月 2日〜4日
  20. 新田健二, 矢口尭, 長尾洋也, 首藤一幸:
    "分散データベース上でのリダクション処理",
    第7回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2015),
    2015年 3月 2日〜4日
  21. 北條真史, 長尾洋也, 宮尾武裕, 首藤一幸:
    "柔軟な経路表に基づく二次元平面上の構造化オーバレイ",
    マルチメディア、分散、協調とモバイル DICOMO2014 シンポジウム論文集,
    2014年 7月 9〜11日
  22. 安藤泰弘, 長尾洋也, 宮尾武裕, 首藤一幸:
    "構造化オーバレイにおけるクエリの流量のみに基づく経路表構築手法",
    電子情報通信学会 技術研究報告, Vol.113, No.472, NS2013-207, pp.179-184,
    2014年 3月 5日〜7日
  23. 北條真史, 長尾洋也, 宮尾武裕, 首藤一幸:
    "柔軟な経路表に基づく二次元平面上の構造化オーバレイ",
    電子情報通信学会 技術研究報告, Vol.113, No.472, NS2013-206, pp.173-178,
    2014年 3月 5日〜7日
  24. 高塚康成, 長尾洋也, 矢口尭, 華井雅俊, 首藤一幸:
    "読み出しデータの新鮮度を考慮するキャッシュ機構の提案",
    第6回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2014),
    2014年 3月 3日〜5日
  25. 宇都宮健太, 首藤一幸:
    "複雑ネットワークの生成モデルを反映したグラフサンプリング手法",
    情報処理学会 研究報告, 2013-DBS-158(-9),
    2013年 11月 26日
  26. 杉野好宏, 華井雅俊, 首藤一幸:
    "MapReduceによる大規模分散システムのシミュレーション",
    電子情報通信学会 技術研究報告, Vol.113, No.244, NS2013-109, pp.99-104,
    2013年 10月 17日〜18日 (奨励講演)
  27. 宮尾武裕, 長尾洋也, 首藤一幸:
    "柔軟な経路表に基づく範囲検索可能な構造化オーバレイ",
    情報処理学会 研究報告, 2013-OS-126(-22),
    SWoPP北九州2013 (並列/分散/協調処理に関するサマー・ワークショップ),
    2013年 7月 31日〜8月 2日
  28. Masatoshi Hanai, Kazuyuki Shudo:
    "Simulation of Large-Scale Distributed Systems with a Distributed Graph Processing System",
    電子情報通信学会 技術研究報告, Vol.112, No.464, NS2012-279, pp.663-668,
    2013年 3月 7日〜8日
  29. 杉野好宏, 華井雅俊, 首藤一幸:
    "MapReduceによる大規模分散システムのシミュレーション",
    電子情報通信学会 技術研究報告, Vol.112, No.464, NS2012-278, pp.657-662,
    2013年 3月 7日〜8日
  30. 宇都宮健太, 首藤一幸:
    "一様サンプリングとランダムウォークを組み合わせたグラフのサンプリング手法",
    第5回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2013),
    2013年 3月 3日〜5日
  31. 矢口尭, 首藤一幸:
    "クラウドストレージにおける読み出し性能と書き込み性能のトレードオフ動的調整手法",
    第5回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2013),
    2013年 3月 3日〜5日 (学生プレゼンテーション賞)
  32. 小林克志, 首藤一幸, 石田潔, 山本茂, 曽我部崇:
    "DYPOP: Datacenter beside Your POPの紹介 〜アクセス網に直結された分散ネットワークサービス基盤に向けて〜",
    電子情報通信学会 技術研究報告, Vol.112, No.230, IN2012-80, pp.35-38 (第5回 新世代ネットワークシンポジウム),
    2012年 10月 11日〜12日
  33. 杉野好宏, 華井雅俊, 首藤一幸:
    "MapReduceによる分散システムのシミュレーション",
    情報処理学会 研究報告, 2012-DPS-152(-33),
    2012年 9月 13日〜14日
  34. 華井雅俊, 首藤一幸:
    "分散グラフ処理系を用いた大規模分散システムシミューレション手法",
    電子情報通信学会 技術研究報告, Vol.112, No.173, CPSY2012-27, pp.109-114,
    SWoPP鳥取2012 (並列/分散/協調処理に関するサマー・ワークショップ),
    2012年 8月 1日〜3日
  35. 山本茂, 石田潔, 曽我部崇, 小林克志, 首藤一幸:
    "大規模コンテンツ配信基盤を実現するアクセス網のクラウド化手法",
    電子情報通信学会 技術研究報告, Vol.112, No.119, CQ2012-39, pp.131-135,
    2012年 7月 12日〜13日
  36. 長尾洋也, 宮尾武裕, 首藤一幸:
    "構造化オーバレイにおける経路表構築アルゴリズム拡張のモデル化に関する一考察",
    マルチメディア、分散、協調とモバイル DICOMO2012 シンポジウム論文集,
    2012年 7月 4〜6日
  37. 華井雅俊, 首藤一幸:
    "グラフ処理系を用いた分散システムの大規模シミュレーション",
    電子情報通信学会 技術研究報告, Vol.111, No.468, NS2011-272, pp.529-534,
    2012年 3月 8日〜9日
  38. 島村祥平, 長尾洋也, 宮尾武裕, 首藤一幸:
    "スケーラブルな広域ルーティング方式に向けた到達性保証手法",
    電子情報通信学会 技術研究報告, Vol.111, No.469, IN2011-170, pp.199-204,
    2012年 3月 8日〜9日
  39. 安藤泰弘, 長尾洋也, 宮尾武裕, 首藤一幸:
    "FRT-2-Chord: one-hopとmulti-hopのシームレスな移行が可能かつ経路表に対称性を持つDHTアルゴリズム",
    電子情報通信学会 技術研究報告, Vol.111, No.469, IN2011-149, pp.73-78,
    2012年 3月 8日〜9日
  40. 長尾洋也, 宮尾武裕, 首藤一幸:
    "柔軟な経路表を中心とする構造化オーバレイ理論の一検討",
    電子情報通信学会 技術研究報告, Vol.111, No.277, NS2011-115, pp.67-70,
    2011年 11月 10日〜11日 (奨励講演)
  41. 小林克志, 首藤一幸, 石田潔, 山本茂, 曽我部崇:
    "分散ネットワークサービス基盤を実現するアクセス網のクラウド化 〜ネットワーク仮想化と資源発見機構〜",
    ADVNET2011 (新世代ICTテストベッドシンポジウム 2011 併催),
    2011年 10月 12日
  42. 宮尾武裕, 長尾洋也, 首藤一幸:
    "構造化オーバレイにおける経路表の順序関係に基づくネットワーク近接性の考慮手法",
    情報処理学会 研究報告, 2011-OS-118(-15),
    SWoPP鹿児島2011 (並列/分散/協調処理に関するサマー・ワークショップ),
    2011年 7月 27日〜29日
  43. 長尾洋也, 首藤一幸:
    "構造化オーバレイにおけるバーチャルノード融合",
    情報処理学会 研究報告, 2011-DPS-147(-24) / 2011-MBL-58(-24),
    2011年 6月 2日〜3日
  44. 宮尾武裕, 長尾洋也, 首藤一幸:
    "構造化オーバレイにおける柔軟な経路表を活用したネットワーク近接性の考慮",
    情報処理学会 研究報告, 2011-DPS-147(-23) / 2011-MBL-58(-23),
    2011年 6月 2日〜3日
  45. 中村俊介, 首藤一幸:
    "読み出し性能と書き込み性能を両立させるクラウドストレージ",
    情報処理学会 研究報告, 2011-OS-117(-24),
    2011年 4月 13日〜14日
  46. 奥寺昇平, 中村俊介, 長尾洋也, 首藤一幸:
    "非集中型クラウドストレージのスケーラビリティ評価",
    情報処理学会 研究報告, 2011-OS-117(-22),
    2011年 4月 13日〜14日
  47. 長尾洋也, 首藤一幸:
    "柔軟な経路表: 経路表空間上の順序関係を利用したオーバレイネットワークルーティング方式",
    電子情報通信学会 技術研究報告, Vol.110, No.448, NS2010-253, pp.503-508,
    2011年 3月 3日〜4日
  48. 中村俊介, 首藤一幸:
    "読み出し性能と書き込み性能を選択可能なクラウドストレージ",
    第3回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2011),
    2011年 2月 27日〜3月 1日
  49. 中村俊介, 首藤一幸:
    "読み出し性能と書き込み性能を選択可能なクラウドストレージ",
    情報処理学会 研究報告, 2011-OS-116(-10),
    2011年 1月 24日〜25日
  50. 中村俊介, 首藤一幸:
    "読み出し性能と書き込み性能を両立させるクラウドストレージ",
    Work-in-Progress 発表, 第22回 コンピュータシステム・シンポジウム (ComSys 2010) 併設ワークショップ,
    2010年 12月 1日
  51. 長尾洋也, 首藤一幸:
    "オーバレイネットワークにおけるグループ間通信抑制手法",
    情報処理学会 研究報告, 2010-OS-115(-11),
    SWoPP金沢2010 (並列/分散/協調処理に関するサマー・ワークショップ),
    2010年 8月 3日〜5日
  52. 首藤一幸:
    "大規模ネットワークテストベッドへの期待" (招待講演),
    共通テーマセッション -未来社会を支える新技術と検証-, マルチメディア,分散,協調とモバイル DICOMO2010 シンポジウム論文集, ISSN 1882-0840,
    2010年 7月 7〜9日
  53. 長尾洋也, 首藤一幸:
    "柔軟な経路表によるオーバレイネットワークのルーティング方式",
    マルチメディア、分散、協調とモバイル DICOMO2010 シンポジウム論文集, ISSN 1882-0840,
    2010年 7月 7〜9日
  54. 長尾洋也, 首藤一幸:
    "柔軟な経路表によるオーバレイネットワークの設計",
    情報処理学会 研究報告, 2010-OS-114(-11),
    2010年 4月 22日
  55. 首藤一幸, 中尾彰宏:
    "構造化オーバレイでの一括フォワーディング",
    情報処理学会 研究報告, 2008-OS-109(-1), pp.1-8,
    SWoPP佐賀2008 (並列/分散/協調処理に関するサマー・ワークショップ),
    2008年 8月 6日
  56. 池長慶彦, 首藤一幸, 村岡洋一:
    "実ネットワークに適応するオーバレイマルチキャスト放送基盤",
    情報処理学会 研究報告, 2007-DSM-44(-3),
    2007年 3月 9日
  57. 首藤一幸, 加藤大志, 門林雄基, 土井裕介:
    "構造化オーバレイにおける反復探索と再帰探索の比較",
    情報処理学会 研究報告, 2006-OS-103(-2), pp.9-16,
    SWoPP高知2006 (並列/分散/協調処理に関するサマー・ワークショップ),
    2006年 7月 31日
  58. 平野基孝, 首藤一幸, 田中良夫, 佐藤三久:
    "匿名相互証明書とP2P通信を用いる認証方式",
    情報処理学会 研究報告, 2005-OS-100, pp.17-24,
    SWoPP武雄2005 (並列/分散/協調処理に関するサマー・ワークショップ),
    2005年 8月 3日
  59. 首藤一幸, 大西丈治, 田中良夫, 関口智嗣:
    "計算機資源の流通および集約のためのP2Pミドルウェア",
    情報処理学会 プログラミング研究会 (PRO),
    SWoPP松江2003 (並列/分散/協調処理に関するサマー・ワークショップ),
    2003年 8月 4日
  60. 首藤一幸, 武宮博, 平野基孝, 田中良夫, 関口 智嗣:
    "気象予報グリッドポータルの開発",
    情報処理学会 研究報告, 2003-HPC-93(-29), pp.167-172,
    HOKKE-2003 (情報処理学会 ARC, HPC 合同研究会),
    2003年 3月 12日
  61. 首藤一幸, 田中良夫, 小松弘幸, 松岡聡, 南里豪志, 岡村耕二, 関口智嗣:
    "Access Gridの構築とGrid上での国際会議",
    情報処理学会 研究報告, 2002-HPC-89(-6), pp.31-36, (情報処理学会 研究報告, 2002-ARC-147(-6), pp.31-36,)
    HOKKE-2002 (情報処理学会 ARC, HPC 合同研究会),
    2002年 3月 7日
  62. 首藤一幸, 田中良夫, 関口智嗣:
    "Grid上の国際会議 SC Global と Access Grid への取り組み",
    WIDE Project 2001年 秋合宿, WIP (Work In Progress) セッション,
    2001年 9月 12日
  63. 首藤一幸, 関口智嗣, 村岡洋一:
    "厳密な浮動小数点演算セマンティクスの Java実行時コンパイラへの実装",
    情報処理学会 研究報告, 2001-ARC-144(-18), pp.99-104,
    SWoPP沖縄2001 (並列/分散/協調処理に関するサマー・ワークショップ),
    2001年 7月 26日
  64. 関口真良, 首藤一幸, 杉野博文, 村岡洋一:
    "グローバルコンピューティングのためのストリーム計算実行時システム",
    情報処理学会 研究報告, 2000-HPC-82(-26), pp.149-154,
    SWoPP松山2000 (並列/分散/協調処理に関するサマー・ワークショップ),
    2000年 8月 4日
  65. 首藤一幸, 根山亮, 村岡洋一:
    "プログラマに単一マシンビューを提供する分散オブジェクトシステム",
    情報処理学会 プログラミング研究会 (PRO),
    1999年 3月 24日
  66. 根山亮, 首藤一幸, 村岡洋一:
    "使いやすさ・透過性・拡張性の高い分散オブジェクトシステム RyORB",
    情報処理学会 プログラミング研究会 (PRO),
    1999年 3月
  67. 首藤一幸、村岡洋一:
    "Java言語環境におけるスレッド移送手法と移動エージェントへの応用",
    情報処理学会 研究報告, 98-OS-78(-6), pp.39-46, (電子情報通信学会 技術研究報告, CPSY98-32, pp.39-46,)
    1998年 5月 7日
  68. 首藤一幸, 菅原健一, 浜中征志郎, 村岡洋一:
    "分散環境を対象とした並列プログラミング環境 MC",
    情報処理学会 研究報告, 97-HPC-67(-16), pp.91-96,
    SWoPP阿蘇'97 (並列/分散/協調処理に関するサマー・ワークショップ),
    1997年 8月
  69. 青木和麻呂, 首藤一幸:
    "隣接S-boxの影響を一部考慮したDESの経路探索",
    電子情報通信学会 技術研究報告, ISEC-96-13, pp.61-72,
    1996年 7月 22日

研究発表 (国内, 査読なし: 全国大会)

  1. 小林隆志, 権藤克彦, 佐伯元司, 首藤一幸, 西崎真也, 森本千佳子, 脇田建, 渡部卓雄:
    "東京工業大学におけるITシステムの価値探索を狙いとした実践的IT人材育成の試み - Problem Based LearningとProject Based Learning"
    rePiTセッション, 日本ソフトウェア科学会 第34回大会,
    2017年 9月 19〜21日
  2. 高塚康成, 矢口尭, 首藤一幸:
    "LSM-treeにおけるC1 treeの数と読み出し性能の関係",
    萌芽セッション, 日本ソフトウェア科学会 第30回大会,
    2013年 9月 10〜13日
  3. 北條真史, 長尾洋也, 宮尾武裕, 首藤一幸:
    "二次元平面上のP2Pオーバレイネットワークにおける経路表の順序関係に基づいたルーティング手法",
    萌芽セッション, 日本ソフトウェア科学会 第30回大会,
    2013年 9月 10〜13日
  4. 小林隆志, 権藤克彦, 佐伯元司, 首藤一幸, 田中康, 西崎真也, 森本千佳子, 米崎直樹, 脇田建, 渡部卓雄:
    "Cloudbauhaus: 東京工業大学における実践的IT人材育成の試み"
    rePiTセッション, 日本ソフトウェア科学会 第30回大会,
    2013年 9月 10〜13日
  5. 首藤一幸, 華井雅俊, 杉野好宏:
    "分散システムの大規模シミュレーション" (依頼講演),
    BI-5. 仮想化ネットワークのテストベッドとその応用 (依頼シンポジウムセッション), 電子情報通信学会 2013年総合大会 講演論文集,
    2013年 3月 19〜22日
  6. 安藤泰弘, 長尾洋也, 宮尾武裕, 首藤一幸:
    "FRT-2-Chord: Multi-HopとOne-Hopのシームレスな移行が可能なDHTアルゴリズム",
    萌芽セッション, 日本ソフトウェア科学会 第28回大会,
    2011年 9月 27日
  7. 島村祥平, 長尾洋也, 宮尾武裕, 首藤一幸:
    "複数データセンター間でのDHTの性能評価",
    萌芽セッション, 日本ソフトウェア科学会 第28回大会,
    2011年 9月 27日
  8. 華井雅俊, 中村俊介, 首藤一幸:
    "グラフデータベースを用いたPageRank実装の試み:スケーラブルなグラフ処理系に向けて",
    萌芽セッション, 日本ソフトウェア科学会 第28回大会,
    2011年 9月 27日
  9. 奥寺昇平, 長尾洋也, 中村俊介, 首藤一幸:
    "非集中型クラウドストレージのスケーラビリティ評価",
    情報処理学会 第73回全国大会 講演論文集,
    2011年 3月 2〜4日
  10. 建部大輔, 中村俊介, 首藤一幸:
    "クラウドストレージにおけるHDDとSSDの特性比較",
    情報処理学会 第73回全国大会 講演論文集,
    2011年 3月 2〜4日
  11. 宮尾武裕, 長尾洋也, 首藤一幸:
    "構造化オーバレイにおける柔軟な経路表を活用したネットワーク近接性の考慮",
    情報処理学会 第73回全国大会 講演論文集,
    2011年 3月 2〜4日 (第73回全国大会 学生奨励賞)
  12. 杉野博文, 首藤一幸, 村岡洋一:
    "ディレクトリガイドを利用したファイル管理システムの研究",
    情報処理学会 第62回全国大会 講演論文集,
    2001年 3月 13日
  13. 首藤一幸, 村岡洋一:
    "Java実行時コンパイラへのstrictfpの実装",
    情報処理学会 第60回全国大会 講演論文集 (1), pp.267-268,
    2000年 3月 14日
  14. 首藤一幸, 村岡洋一:
    "実行時コンパイラによるJava仮想マシンの分散オブジェクト対応",
    情報処理学会 第58回全国大会 講演論文集 (1), pp.363-364,
    1999年 3月
  15. 秋岡明香, 首藤一幸, 根山亮, 村岡洋一:
    "ネットワーク環境における自律的な負荷分散システム",
    情報処理学会 第58回全国大会 講演論文集 (3), pp.357-358,
    1999年 3月
  16. 首藤一幸, 村岡洋一:
    "分散・並列化コンパイラ MC の開発基盤 ---中間表現---",
    情報処理学会 第55回全国大会 講演論文集 (1), pp.339-340,
    1997年 9月
  17. 浜中征志郎, 首藤一幸, 菅原健一, 村岡洋一:
    "実行環境の情報を利用した並列化コンパイラと実行時システム",
    情報処理学会 第55回全国大会 講演論文集(1), pp.343-344
    1997年 9月
  18. 菅原健一, 首藤一幸, 浜中征志郎, 村岡洋一:
    "並列化コンパイラによるタスク並列とデータ並列の統合処理",
    情報処理学会 第53回全国大会,
    1996年 9月
  19. 浜中征志郎, 首藤一幸, 菅原健一, 村岡洋一:
    "分散環境でのストリーム処理のための並列コード生成",
    情報処理学会 第53回全国大会,
    1996年 9月
  20. 首藤一幸, 菅原健一, 浜中征志郎, 村岡洋一:
    "分散環境をターゲットとした自動並列化コンパイラ及び実行環境",
    情報処理学会 第52回全国大会 講演論文集 (6), pp.87-88,
    1996年 3月

ポスター発表

  1. 藤田俊貴, 首藤一幸, 西川武志, 大西真晶:
    "撮影画像評価に基づく複数カメラ制御手法",
    デモ・ポスターセッション, 第24回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ (WISS 2016) 論文集, pp.207-208,
    2016年 12月 14日〜16日
  2. Takafumi Kawaguchi, Ryohei Banno, Masashi Hojo, Kazuyuki Shudo:
    "Self-Refining Skip Graph: A Structured Overlay Approaching to Ideal Skip Graph",
    Poster session, Proc. 40th IEEE Computer Society Int'l Conference on Computers, Software & Applications (IEEE COMPSAC 2016),
    2016年 6月 10〜14日
  3. 加藤裕也, 首藤一幸:
    "現代的なHMDを用いたデジタル逆さメガネの可能性",
    デモ・ポスターセッション, 第23回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ (WISS 2015) 論文集, pp.187-188,
    2015年 12月 2日〜4日
  4. 矢口尭, 首藤一幸:
    "広域分散データストアに因果整合性を付加するミドルウェアの設計",
    ポスターセッション, 第26回 コンピュータシステム・シンポジウム (ComSys 2014),
    2014年 11月 19日〜20日
  5. 新田健二, 矢口尭, 長尾洋也, 首藤一幸:
    "分散データベース上でのリダクション処理",
    ポスターセッション, 第26回 コンピュータシステム・シンポジウム (ComSys 2014),
    2014年 11月 19日〜20日
  6. Hiroya Nagao, Shuji Suzuki, Kazuyuki Shudo:
    "A 3D Visualization System for Structured Overlays",
    Demonstration, Proc. 11th IEEE Int'l Conference on Peer-to-Peer Computing (IEEE P2P'11), pp.168-169,
    2011年 8月 31日〜9月 2日
  7. 宮尾武裕, 長尾洋也, 首藤一幸:
    "構造化オーバレイにおける柔軟な経路表を活用したネットワーク近接性の考慮",
    ポスターセッション, 先進的計算基盤システムシンポジウム (SACSIS2011) 論文集, pp.240-241,
    2011年 5月 25〜27日
  8. 中村俊介, 首藤一幸:
    "読み出し性能と書き込み性能を両立させるクラウドストレージ",
    ポスター・デモセッション, 第22回 コンピュータシステム・シンポジウム (ComSys 2010),
    2010年 11月 29日〜30日
  9. 長尾洋也, 首藤一幸:
    "グループ間通信を抑制するオーバレイネットワークの構成手法",
    ポスター・デモセッション, 第22回 コンピュータシステム・シンポジウム (ComSys 2010),
    2010年 11月 29日〜30日 (最優秀ポスター賞)
  10. 首藤一幸, 田中良夫, 関口智嗣:
    "オーバレイ構築ツールキットOverlay Weaver",
    第9回 プログラミングおよび応用のシステムに関するワークショップ (SPA 2006), ポスターセッション,
    2006年 3月 6日
  11. 首藤一幸, 田中良夫, 関口智嗣:
    "計算能力の流通を狙った P2P 分散処理システム",
    ネットワーク生態学研究会 第1回サマースクール ポスターセッション,
    2005年 8月 30日
  12. 首藤一幸, 田中良夫, 関口智嗣:
    "P2P 分散処理ミドルウェア P3",
    第3回 つくばテクノロジー・ショーケース,
    2004年 1月 30日
  13. 首藤一幸, 田中良夫, 関口 智嗣:
    "Access Grid",
    第5回 プログラミングおよび応用のシステムに関するワークショップ (SPA'02) ポスターセッション,
    2002年 3月
  14. 首藤一幸, 村岡洋一:
    "実行時コンパイラによるJava仮想マシンの分散オブジェクト対応",
    並列処理シンポジウム JSPP'99 ポスターセッション,
    1999年 6月
  15. 首藤一幸, 村岡洋一:
    "Java上のスレッド移送システムと移動エージェントへの応用",
    並列処理シンポジウム JSPP'98 ポスターセッション,
    1998年 6月

展示

  1. 中央大学, 東京工業大学, 富士通(株), 日本電気(株):
    "IoT社会の大量データ処理に最適! 次世代ヘテロメモリ型高速ストレージ",
    新エネルギー・産業技術総合開発機構 (NEDO) ブース, CEATEC 2017
    2017年 10月 3〜6日
  2. AIST (National Institute of Advanced Industrial Science and Technology):
    "P3: Personal Power Plant - Makes over your PCs into power generators on the Grid",
    AIST booth in SC2004 Research Exhibits,
    2004年 11月
  3. AIST (National Institute of Advanced Industrial Science and Technology):
    "Human-Centered Grids supported by Access Grid",
    AIST booth in SC2004 Research Exhibits,
    2004年 11月
  4. AIST (National Institute of Advanced Industrial Science and Technology):
    "P3: Personal Power Plant - Makes over your PCs into power generators on the Grid",
    AIST booth in SC2003 Research Exhibits,
    2003年 11月
  5. AIST (National Institute of Advanced Industrial Science and Technology):
    "Karaoke Grid - A mode of Entertainment Grid",
    AIST booth in SC2003 Research Exhibits,
    2003年 11月
  6. 産業技術総合研究所 (担当者: 首藤一幸):
    "Access Grid - 大規模広域コラボレーション",
    第2回つくば WAN シンポジウム,
    2002年 3月 22日
  7. JSPS-RFTF project:
    "MOBA: Java Thread Migration System" in Booth R991 "Parallel and Distributed Computing Environment",
    SC2000 Research Exhibision,
    2000年 11月
  8. JSPS-RFTF project:
    "Streaming Calculation" in Booth R1204 "Parallel and Distributed Computing Environment",
    SC99 Research Exhibision,
    1999年 11月
  9. JSPS-RFTF project:
    "MOBA: Java Thread Migration System" in Booth R119 "Parallel and Distributed Computing Environment",
    SC98 Research Exhibision,
    1999年 11月
  10. 早稲田大学 村岡研究室:
    "Meta Computing System",
    SC96 Research Exhibision,
    1996年 11月
  11. 京都大学, 九州工業大学, 早稲田大学:
    "Research efforts on parallel programming languages at Japanese Universities",
    SC95 Research Exhibision,
    1995年 12月

学位論文

  1. 首藤一幸:
    "メタコンピュータ構成方式の研究",
    博士論文, 早稲田大学,
    2001年 3月

インタビュー

  1. "IT人材育成事業 特集: 未踏事業",
    IPA NEWS, Vol.23, pp.4-5, (独)情報処理推進機構,
    2016年 7月 15日
  2. 経済産業新報社:
    "スマートな社会を支える「IT融合人材」とは? 次世代高度IT人材育成座談会",
    経済産業新報, No.1673, pp.4-6,
    2012年 10月 1日 (2012年 9月 12日 座談会)
  3. 川本淳平, 忠鉢洋輔:
    "学生フォーラム AI Inter-View 第59回 首藤一幸氏インタビュー「好きこそものの上手なれ」",
    人工知能学会誌, Vol.25, No.6, pp.906-909, (社)人工知能学会,
    2010年 11月
  4. "未踏スーパークリエータ列伝II (ウェブページ) 第4回",
    週刊アスキー 2009年 6月 30日号, p.93,
    2009年 6月 16日 (2009年 5月 25日 インタビュー)
  5. "クラウドコンピューティングの明日を考える",
    IIJ.news, vol.92, June 2009, pp.4-9, (株)インターネットイニシアティブ,
    2009年 5月 27日 (2009年 4月 16日 インタビュー)
  6. "出でよ、日本発の「クラウドを支える技術」",
    日経 ITpro, (株)日経BP,
    2009年 4月 15日 (2009年 4月 2日 取材)
  7. "特集3, 各界インタビューで「次」がわかった! 2007年、日本のITはこうなる!, 首藤一幸さん",
    ネットワークマガジン 2007年 2月号, pp.106-107, (株)アスキー,
    2006年 12月 22日
  8. "P2P の真実, Part 3:現実",
    日経バイト 2004年 8月号, pp.30-37, (株)日経BP,
    2004年 7月 22日 (2004年 6月 17日 取材)
  9. ""人"にアクセスする「アクセスグリッド」とは?",
    bp special: Business on Grid Computing, (株)日経BP,
    2004年 6月 23日 (2004年 2月 23日 取材)
  10. "Kazuyuki Shudo",
    Developer Spotlight, jxta.org, Project JXTA,
    2004年 5年 28日
  11. "Grid Technology Research Center (GTRC), National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (AIST)",
    University Spotlight, jxta.org, Project JXTA,
    2004年 5月 11日
  12. "OBインタビュー 首藤一幸さん",
    早稲田大学理工学部 コンピュータ・ネットワーク工学科,
    2004年 1月 7日
  13. "OOエンジニアの輪! 〜第19回 首藤一幸さんの巻〜",
    オブジェクトの広場, (株) オージス総研,
    2003年 1月 23日 (2002年 12月 11日取材)
  14. "ボランティア・コンピューティング",
    キーワード, 日経 PC21 2001年 12月号,
    2001年 10月

講演

  1. 岩下直行, 首藤一幸, 本間善実, 斉藤賢爾:
    "ビットコインの分裂と合意形成の行方", パネルディスカッション, ブロックチェーン・イノベーション2017,
    2017年 12月 8日
  2. 首藤一幸, 加藤裕也, 杉野好宏, 華井雅俊:
    "データ処理エンジン上での分散システムシミュレーション",
    第9回 広域センサネットワークとオーバレイネットワークに関するワークショップ,
    2017年 6月 10日〜11日
  3. 高橋良希, 首藤一幸:
    "P2Pネットワーク上のデータに対する偏りのない機械学習手法",
    第9回 広域センサネットワークとオーバレイネットワークに関するワークショップ,
    2017年 6月 10日〜11日
  4. 青木優介, 大西真晶, 首藤一幸:
    "Ballistic Skip Graph: Skip Graph型定数次数構造化オーバレイ",
    第9回 広域センサネットワークとオーバレイネットワークに関するワークショップ,
    2017年 6月 10日〜11日
  5. 大西真晶, 首藤一幸:
    "Skip Delaunay network上の1ホップ通知群を用いたID/Locator解決システム",
    第9回 広域センサネットワークとオーバレイネットワークに関するワークショップ,
    2017年 6月 10日〜11日
  6. 首藤一幸:
    "セキュリティ技術者・研究者への期待 〜 プラス増強のセキュリティ? 〜" (基調講演),
    セキュリティ・キャンプフォーラム 2017,
    2017年 3月 17日
  7. 首藤一幸:
    "データ処理エンジン上での分散システムシミュレーション",
    ビッグデータ基盤研究会,
    2016年 12月 22日
  8. 首藤一幸:
    "未踏の1年",
    IPA 未踏 IT・CVCK アワード 公募説明会・アイディアソン・講評会, 金沢工業大学,
    2016年 12月 17日
  9. 首藤一幸:
    "未踏の1年",
    未踏 IT 人材発掘・育成事業 説明会, 奈良先端科学技術大学院大学,
    2016年 12月 2日
  10. 首藤一幸:
    "未踏の1年",
    未踏 IT 人材発掘・育成事業 説明会, 大阪府立大学,
    2016年 12月 1日
  11. 首藤一幸:
    "分散システムとして見たブロックチェーン",
    オルトプラスラボ Tech セミナー 2016 Fall,
    2016年 9月 30日
  12. 又川尚樹, 首藤一幸:
    "ベンチマークの内部解析を要さないスコア内訳分析手法",
    第8回 広域センサネットワークとオーバレイネットワークに関するワークショップ,
    2016年 3月 22日〜23日
  13. 川口峻史, 坂野遼平, 北條真史, 首藤一幸:
    "Self-Refining Skip Graph: 理想的なSkip Graphに近づいていく構造化オーバレイ",
    第8回 広域センサネットワークとオーバレイネットワークに関するワークショップ,
    2016年 3月 22日〜23日
  14. 北條真史, 坂野遼平, 首藤一幸:
    "FRT-Skip Graph: 柔軟な経路表に基づくSkip Graph型構造化オーバレイ",
    第8回 広域センサネットワークとオーバレイネットワークに関するワークショップ,
    2016年 3月 22日〜23日
  15. 高塚康成, 首藤一幸:
    "分散データストアの因果整合性違反度測定手法",
    第8回 広域センサネットワークとオーバレイネットワークに関するワークショップ,
    2016年 3月 22日〜23日
  16. 岩﨑謙汰, 華井雅俊, 首藤一幸:
    "ソーシャルグラフ向けクラスタ係数推定手法の効率化",
    第8回 広域センサネットワークとオーバレイネットワークに関するワークショップ,
    2016年 3月 22日〜23日
  17. 加藤裕也, 杉野好宏, 華井雅俊, 首藤一幸:
    "汎用分散処理システムでの大規模分散システムシミュレーション",
    第8回 広域センサネットワークとオーバレイネットワークに関するワークショップ,
    2016年 3月 22日〜23日
  18. 高塚康成, 首藤一幸:
    "分散データストアの因果整合性違反度測定手法",
    第2回 分散システム勉強会,
    2016年 3月 21日
  19. 首藤一幸:
    "未踏の1年",
    IPA 未踏 IT・CVCK アワード 公募説明会・アイディアソン・講評会, 金沢工業大学,
    2015年 12月 19日
  20. 首藤一幸:
    "多数決が育める価値と育めない価値",
    ビッグデータ基盤研究会,
    2015年 12月 18日
  21. 首藤一幸:
    "研究職のポジションについて",
    第1回 分散システム勉強会,
    2015年 12月 5日
  22. 首藤一幸:
    "未踏の1年",
    未踏 IT 人材発掘・育成事業 説明会, 東京工業大学,
    2015年 1月 21日
  23. 高塚康成, 長尾洋也, 矢口尭, 華井雅俊, 首藤一幸:
    "読み出しデータの新鮮度を考慮するキャッシュ機構",
    第7回 広域センサネットワークとオーバレイネットワークに関するワークショップ,
    2014年 11月 29日〜30日
  24. 北條真史, 長尾洋也, 宮尾武裕, 首藤一幸:
    "柔軟な経路表に基づく二次元平面上の構造化オーバレイ",
    第7回 広域センサネットワークとオーバレイネットワークに関するワークショップ,
    2014年 11月 29日〜30日
  25. 加藤裕也, 首藤一幸:
    "Apache Giraphにおけるソーシャルネットワーク上の情報伝達モデルの実装",
    第7回 広域センサネットワークとオーバレイネットワークに関するワークショップ,
    2014年 11月 29日〜30日
  26. 新田健二, 矢口尭, 長尾洋也, 首藤一幸:
    "分散データベース上でのリダクション処理",
    第7回 広域センサネットワークとオーバレイネットワークに関するワークショップ,
    2014年 11月 29日〜30日
  27. 三津山修平, 華井雅俊, 首藤一幸:
    "噂の伝播モデルを用いたツイート拡散のシミュレーション",
    第7回 広域センサネットワークとオーバレイネットワークに関するワークショップ,
    2014年 11月 29日〜30日
  28. Kazuyuki Shudo:
    "Distributed Systems Group, Tokyo Institute of Technology",
    Fujitsu Laboratories of Europe での講演,
    2014年 9月 12日
  29. 首藤一幸:
    "PMから見た未踏",
    第5回未踏塾講演会, 九州工業大学,
    2014年 3月 27日
  30. Kazuyuki Shudo:
    "Distributed Systems Group, Tokyo Institute of Technology",
    University College Dublin での講演,
    2014年 1月 30日
  31. 首藤一幸:
    "経営者の本分",
    某研究所 所内講演会,
    2013年 9月 24日
  32. 首藤一幸:
    "経営者の本分",
    ITC Conference 2013,
    2013年 8月 24日
  33. 島村祥平, 首藤一幸:
    "スケーラブルな広域ルーティング方式に向けた到達性保証手法",
    第6回 広域センサネットワークとオーバレイネットワークに関するワークショップ,
    2013年 5月 18日〜19日
  34. 長尾洋也, 首藤一幸:
    "構造化オーバレイの経路表管理アルゴリズム拡張モデルとその合成手法",
    第6回 広域センサネットワークとオーバレイネットワークに関するワークショップ,
    2013年 5月 18日〜19日
  35. 矢口尭, 首藤一幸:
    "分散データベースにおける読み出し性能と書き込み性能のトレードオフ動的調整手法",
    第6回 広域センサネットワークとオーバレイネットワークに関するワークショップ,
    2013年 5月 18日〜19日
  36. 首藤一幸:
    "未踏の1年",
    未踏 IT 人材発掘・育成事業 説明会, 早稲田大学,
    2013年 5月 14日
  37. 首藤一幸:
    "起業をめぐるバイアス",
    未踏カンファレンス2013,
    2013年 3月 10日
  38. 杉野好宏, 華井雅俊, 首藤一幸:
    "MapReduceによる分散システムシミュレーションの検討",
    電子情報通信学会 コンピュータシステム研究会 (CPSY),
    SWoPP鳥取2012 (並列/分散/協調処理に関するサマー・ワークショップ),
    2012年 8月 1日〜3日
  39. 首藤一幸:
    "普通の僕の生きる道",
    8th セッション「未来の社会のための、未来の超システム」, 第2回 ニコニコ学会β シンポジウム,
    2012年 4月 29日
  40. 長尾洋也, 首藤一幸:
    "柔軟な経路表:経路表空間上の順序関係を利用した構造化オーバレイルーティングアルゴリズムの構成方式",
    第5回 広域センサネットワークとオーバレイネットワークに関するワークショップ,
    2011年 10月 29日〜30日
  41. 安藤泰弘, 長尾洋也, 宮尾武裕, 首藤一幸:
    "FRT-2-Chord:Multi-HopとOne-Hopのシームレスな移行が可能かつ双方向性を持つDHTアルゴリズム",
    第5回 広域センサネットワークとオーバレイネットワークに関するワークショップ,
    2011年 10月 29日〜30日
  42. 島村祥平, 長尾洋也, 宮尾武裕, 首藤一幸:
    "複数データセンター間でのDHTの性能評価",
    第5回 広域センサネットワークとオーバレイネットワークに関するワークショップ,
    2011年 10月 29日〜30日
  43. 宮尾武裕, 長尾洋也, 首藤一幸:
    "構造化オーバレイにおける経路表の順序関係に基づくネットワーク近接性の考慮手法",
    第5回 広域センサネットワークとオーバレイネットワークに関するワークショップ,
    2011年 10月 29日〜30日
  44. 華井雅俊, 中村俊介, 首藤一幸:
    "グラフデータベースを用いたPageRank実装の試み:スケーラブルなグラフ処理系に向けて",
    第5回 広域センサネットワークとオーバレイネットワークに関するワークショップ,
    2011年 10月 29日〜30日
  45. 首藤一幸:
    "大規模分散システムを支える技術の研究",
    第5回 広域センサネットワークとオーバレイネットワークに関するワークショップ,
    2011年 10月 29日〜30日
  46. 首藤一幸:
    "Java JIT コンパイラの高速化手法",
    x86/x64最適化勉強会1,
    2011年 8月 6日
  47. 首藤一幸:
    "貢献とreputation",
    未踏 藤井 PM 合宿,
    2011年 5月 21日
  48. 首藤一幸:
    "貢献とreputation",
    某研究所 所内講演会,
    2011年 4月 22日
  49. 首藤一幸:
    "We do best the things we enjoy",
    未踏説明会, 名古屋工業大学,
    2011年 1月 26日
  50. 青野慶久, 首藤一幸, 竹迫良範:
    "対談「青野慶久×首藤一幸」",
    セキュリティ&プログラミングキャンプ 2010 実施報告会, 情報処理推進機構 (IPA),
    2010年 12月 19日
  51. 首藤一幸:
    "首藤一幸のこれが私の生きる道 - We do best the things we enjoy",
    エンジニアの未来サミット for students 第1回,
    2010年 10月 23日
  52. 長尾洋也, 首藤一幸:
    "新しいアプリケーション層ルーティング方式",
    IIJ Techtalk (社内講演会),
    2010年 10月 14日
  53. 首藤一幸:
    "We do best the things we enjoy." (特別講義),
    セキュリティ&プログラミングキャンプ2010, 情報処理推進機構 (IPA),
    2010年 8月 12〜16日
  54. 首藤一幸:
    "key-valueストアの基礎知識",
    連続セミナー2010『クラウドコンピューティングを自在に使いこなす』 第2回 Webスケールとインターネットクラウド, 情報処理学会,
    2010年 7月 26日
  55. 首藤一幸:
    "未踏ユースの1年",
    未踏説明会, 香川大学,
    2010年 7月 12日
  56. 首藤一幸:
    "シリコンバレーについて",
    先端ITスペシャリスト育成プログラム「先端IT特別講義」, 早稲田大学
    2010年 6月 16日
  57. 首藤一幸:
    "key-valueストア・NoSQLデータストアの基礎知識",
    パネルディスカッション: クラウド時代のスケーラビリティ技術, NC-27, Interop Tokyo 2010,
    2010年 6月 10日
  58. 首藤一幸:
    "いまどきのBinary Hacks",
    第四回 カーネル / VM 探検隊,
    2010年 5月 8日
  59. 首藤一幸:
    "データストアの分解・再構築",
    第4回 広域センサネットワークとオーバレイネットワークに関するワークショップ,
    2010年 4月 28〜29日
  60. 首藤一幸:
    "key-valueストアの基礎知識",
    丸山先生レクチャーシリーズ 2009-2010 第3回,
    2010年 4月 22日
  61. 首藤一幸:
    "クラウドを支えるオーバレイネットワーク技術",
    某社 基幹技術フォーラム,
    2010年 2月 26日
  62. 城田真琴, 首藤一幸, 吉田琢也:
    "ビジネスに生かす! ビジネスを変える 「企業向けクラウドの最前線と導入ポイント」",
    オープニング討論, ユーザ企業のためのエンタープライズ・クラウド フォーラム, 日経 ITpro, (株)日経BP,
    2010年 2月 16日
  63. 首藤一幸:
    "NoSQLデータストアのデータモデル",
    グリッド協議会 第28回ワークショップ,
    2009年 12月 17日
  64. 首藤一幸:
    "「貢献」するということ" (招待講演),
    ネットワークシステムワークショップ 2009,
    2009年 11月 27日
  65. 首藤一幸, 高須賀宣, 勝屋久:
    "未踏IT人材発掘・育成事業で求める人材とは?", パネルディスカッション, BRIDGE 2009,
    2009年 11月 19日
  66. 首藤一幸:
    "Interop クラウド コンピューティング コンペティション 紹介",
    CloudCamp Tokyo,
    2009年 11月 17日
  67. 岡野原大輔, 首藤一幸, 中村聡史:
    "インターネットに挑む若手研究者",
    パネルディスカッション, 楽天研究開発シンポジウム2009,
    2009年 11月 14日。
  68. 首藤一幸, 藤田昭人:
    "Hadoop Distributed File Systemの分散化",
    Lightning Talk, Hadoop Conference Japan 2009,
    2009年 11月 13日
  69. 入江英嗣, 辻秀典, 近藤正章, 豊島隆志, 首藤一幸, 荒宏視:
    "IT技術とIT技術者のこれから" (パネル討論),
    電子情報通信学会 コンピュータシステム研究会 (CPSY),
    2009年 10月 20日
  70. 首藤一幸:
    "「貢献」するということ" (特別講演),
    某社新入社員研修,
    2009年 10月 5日
  71. 首藤一幸:
    "オーバレイネットワーク, peer-to-peerコンテンツ配信, クラウド" (招待講演),
    第5回アンビエントGCOEシンポジウム アンビエントSoCのためのIT基盤技術と応用 講演集, pp.89-112,
    2009年 9月 26日
  72. 首藤一幸:
    "オーバレイネットワークの展開",
    進化を続けるP2Pネットワーク構成・運用技術 (チュートリアル), 電子情報通信学会 2009年 ソサイエティ大会 講演論文集 (CD-ROM),
    2009年 9月 15日 (講演論文集は 9月 1日発行)
  73. 首藤一幸:
    "つぶらな瞳で DPI",
    JANOG24 Meeting,
    2009年 7月 10日
  74. 首藤一幸:
    "シリコンバレーについて",
    慶應義塾大学 理工学部 情報工学科「情報工学特別講義」,
    2009年 6月 26日
  75. 首藤一幸:
    "Interop クラウド コンピューティング コンペティション 紹介",
    第18回 cloud 研究会 (丸山不二夫氏主宰),
    2009年 6月 25日
  76. 首藤一幸:
    "PlanetLab の実際",
    早稲田大学 後藤研究室 ゼミ,
    2009年 6月 23日
  77. 首藤一幸:
    "個人ネットワークの時代へ",
    ...最新 IT 技術は未来を切り開くか? (パネルディスカッション), IPAX2009, 情報処理推進機構 (IPA),
    2009年 5月 27日
  78. 首藤一幸:
    "スケールアウトの技術" (基調講演),
    クラウド・コンピューティング セミナー, アカマイ(株),
    2009年 5月 21日
  79. 首藤一幸:
    "スケールアウトの技術",
    第8回 ISSスクエア水平ワークショップ, 情報セキュリティ大学院大学,
    2009年 5月 15日
  80. 首藤一幸:
    "BASE",
    第3回 広域センサネットワークとオーバレイネットワークに関するワークショップ,
    2009年 5月 8〜9日
  81. 首藤一幸:
    "Skip Graph と Chord 等の共通フレームワーク",
    第3回 広域センサネットワークとオーバレイネットワークに関するワークショップ,
    2009年 5月 8〜9日
  82. 首藤一幸:
    "シリコンバレーについて",
    先端ITスペシャリスト育成プログラム「先端IT特別講義 I」, 早稲田大学
    2009年 4月 29日
  83. 首藤一幸:
    "peer-to-peer の方から来ました",
    key-value store 勉強会,
    2009年 2月 20日
  84. 首藤一幸:
    "シリコンバレーって",
    横浜国立大学「電気電子情報工学輪講」,
    2009年 1月 23日
  85. 首藤一幸:
    "scale out の技術",
    丸山先生レクチャーシリーズ 2008-2009 第3回,
    2009年 1月 13日
  86. 首藤一幸:
    "scale out の技術 〜 consistent hashing 編",
    第9回 cloud 研究会 (丸山不二夫氏主宰),
    2008年 12月 19日
  87. 首藤一幸:
    "peer-to-peer コンテンツ配信技術",
    連続セミナー2008『インターネットの進化』 第6回 インターネットとコンテンツ流通, 情報処理学会,
    2008年 12月 9日
  88. Kazuyuki Shudo:
    "Structured and Unstructured Overlay Networks",
    The First Int'l Workshop on Information Network Design (WIND'08), Kitakyushu,
    2008年 12月 5日
  89. 首藤一幸:
    "オーバレイによる分散キャッシュ",
    第2回 広域センサネットワークとオーバレイネットワークに関するワークショップ,
    2008年 11月 1日
  90. 首藤一幸:
    "オーバレイ・センサネットワーク 〜 オーバレイネットワークへの期待" (基調講演),
    Live E! シンポジウム 2008 予稿集, pp.51-68,
    2008年 9月 19日
  91. 首藤一幸:
    "未踏発 社会へ",
    IPA未踏ソフトウェア創造事業 2008年度上期 契約説明会,
    2008年 8月 29日
  92. 首藤一幸:
    "PlanetLabの実際",
    広域センサネットワークとオーバレイネットワークに関するワークショップ,
    2008年 7月 5日
  93. 首藤一幸:
    "peer-to-peerコンテンツ配信と未来のテレビのひとつの形",
    第4回 CKP 研究会, サイバー関西プロジェクト
    2008年 7月 2日
  94. 首藤一幸:
    "NAT基礎講座",
    第十回SIProp勉強会,
    2008年 6月 27日
  95. 園田智也, 首藤一幸:
    "シリコンバレーって",
    (株)野村総合研究所 社内講演会,
    2008年 6月 16日
  96. 首藤一幸:
    "スタートアップと権利保護の関係",
    ワークショップ: デジタル著作権の経済合理性 ー保護するコスト、保護しないコストー, Interop Tokyo 2008,
    2008年 6月 9日
  97. 首藤一幸:
    "Overlay WeaverとそのPlanetLab上での運用",
    インターネット技術第163委員会 (ITRC) 第23回研究会,
    2008年 5月 16日
  98. 首藤一幸:
    "Proof of conceptのその先に 〜 オーバレイネットワークの実際 〜",
    ゼミナールI (教育方針,google), 奈良先端科学技術大学院大学 情報科学研究科,
    2008年 4月 14日
  99. 首藤一幸:
    "Proof of conceptのその先に 〜 オーバレイネットワークの実際 〜",
    情報共有(P2P)研究会, (財)日本情報処理開発協会,
    2008年 2月 29日
  100. 首藤一幸:
    "Peer-to-peer Technologies lightening the Internet",
    P2Pネットワーク実験協議会 シンポジウム, P2Pネットワーク実験協議会,
    2008年 2月 19日
  101. 首藤一幸:
    "オーバレイネットワークの実際",
    情報処理学会関西支部講演会「新たなネットワークパラダイムとその可能性 -オーバレイ/P2P/ユビキタス-」,
    2007年 12月 7日
  102. 首藤一幸:
    "いまどきのBinary Hacks",
    Real UNIX MAGAZINE Day,
    2007年 11月 3日
  103. 首藤一幸:
    "Proof of conceptのその先に 〜 オーバレイネットワークの実際 〜" (招待講演),
    第40回 情報科学若手の会,
    2007年 9月 16日
  104. 首藤一幸:
    "Proof of conceptのその先に 〜 オーバレイネットワークの実際 〜" (招待講演),
    第11回 プログラミングおよび応用のシステムに関するワークショップ (SPA 2007),
    2007年 9月 3日
  105. 首藤一幸:
    "総発信社会を支えるオーバレイネットワーク",
    IPA未踏ソフトウェア創造事業 2006年度下期 並木・齋藤・高田・黒川 4PM 合同成果報告会,
    2007年 8月 6日
  106. 首藤一幸:
    "研究と未踏とビジネスと",
    ESPer2007,
    2007年 6月 30日
  107. 首藤一幸:
    "オーバレイネットワーク",
    IIJ Techtalk (社内講演会),
    2007年 3月 15日
  108. 首藤一幸:
    "オーバレイネットワーク" (チュートリアル),
    東京電機大学 ユビキタスネットワーキング研究室,
    2007年 1月 22日
  109. Kazuyuki Shudo:
    "Means for Peer-to-Peer Research" (invited talk),
    DAS-P2P 2007, Hiroshima,
    2007年 1月 16日
  110. 首藤一幸:
    "peer-to-peerの世界",
    丸山先生レクチャーシリーズ in 東京2006-2007 第3回,
    2007年 1月 12日
  111. 首藤一幸:
    "オーバレイ構築ツールキットOverlay Weaver",
    第327回 PTT (Programming Tools and Techniques),
    2006年 11月 30日
  112. 首藤一幸:
    "Unstructured overlayとStructured overlay",
    情報共有(P2P)研究会, (財)日本情報処理開発協会,
    2006年 1月 13日
  113. 首藤一幸:
    "実行時自己書き換え佳境",
    Binary 2.0カンファレンス,
    2005年 12月 2日
  114. Kazuyuki Shudo, Yoshio Tanaka, Satoshi Sekiguchi:
    "P3: Personal Power Plant - Makes over your PCs into power generators on the Grid",
    Grid Asia 2005, Singapore,
    2005年 5月 5日
  115. Kazuyuki Shudo et al.:
    "Karaoke Grid - A mode of Entertainment Grid",
    Grid Asia 2005, Singapore,
    2005年 5月 5日
  116. 首藤一幸:
    "グリッドを支える P2P 技術",
    グリッド協議会 第11回ワークショップ,
    2005年 2月 18日
  117. Kazuyuki Shudo, Yoshio Tanaka, Satoshi Sekiguchi:
    "Access Grid related Activities in Asia Pacific Region",
    Philippine Access Grid Inauguration,
    2005年 2月 4日
  118. Kazuyuki Shudo, Yoshio Tanaka, Satoshi Sekiguchi:
    "P3: Personal Power Plant - Makes over your PCs into power generator on the Grid",
    Korea-Japan Grid Symposium, pp.289-302,
    2004年 12月 2日
  119. 首藤一幸:
    "P2P Technologies supporting Grid",
    バイオグリッド研究会,
    2004年 11月 27日
  120. 首藤一幸, 田中良夫, 関口智嗣:
    "P3: Personal Power Plant - Makes over your PCs into power generator on the Grid",
    CRESTセミナー, 筑波大学OS・システムソフトウェア研究室,
    2004年 11月 1日
  121. 首藤一幸:
    "P2P 概説",
    P2P コンピューティング -基盤技術と社会的側面-, 日本ソフトウェア科学会講習会資料シリーズ, No.39, pp.1-7, ISSN 1341-8718,
    2004年 9月 14日
  122. 首藤一幸:
    "High Performance Computing",
    ソフトウェアベンダ 社内勉強会,
    2004年 3月 22日
  123. 首藤一幸:
    "P3: Personal Power Plant - Makes over your PCs into power generator on the Grid",
    Java Technology Conference 2004 (JTC2004): JXTAの動向およびP2Pの将来 (BOF),
    2004年 2月 19日
  124. Kazuyuki Shudo, Yoshio Tanaka, Satoshi Sekiguchi:
    "P3: Personal Power Plant - Makes over your PCs into power generator on the Grid",
    17th APAN Meetings / Jt Tech Workshop: P2P and Grid Session, Honolulu, USA,
    2004年 1月 28 日
  125. 首藤一幸:
    "Access Grid - Entertainment Gridに向けて",
    丸山先生レクチャーシリーズ in 東京 2003, 第3回「GridとWebサービス」,
    2003年 12月18日
  126. 首藤一幸:
    "組織内およびインターネット上の遊休PCを用いた大規模並列計算のためのミドルウェア",
    第12回 IPAX Autumn 2003,
    2003年 9月30日
  127. Kazuyuki Shudo, Yoshio Tanaka, Satoshi Sekiguchi:
    "AG Situation in Japan: Toward Entertainment Grid",
    Access Grid Training Workshop as part of 16th APAN Meetings / Advanced Network Conference, Busan, Korea
    2003年 8月 26日
  128. Kazuyuki Shudo and Hiroyuki Komatsu:
    "Asia Pacific, A Distinctive Region with all kinds of Diversity",
    PANEL: AG Community, Access Grid Retreat 2003, Argonne, USA,
    2003年 4月 16日
  129. 首藤一幸:
    "Numerical Computing in Java - 演算結果の再現性と性能",
    SPLICE数値演算講演会 (宇宙開発事業団 システム解析・ソフトウェア研究開発センター),
    2002年 12月 17日
  130. 首藤一幸:
    "共通コンパイラインフラストラクチャに基づいた Java コンパイラの検討",
    並列化コンパイラ向け共通インフラストラクチャ 検討会 (科技振興調整費),
    2002年 11月 28日
  131. 首藤一幸:
    "Java JIT コンパイラ",
    並列化コンパイラ向け共通インフラストラクチャ 検討会 (科技振興調整費),
    2002年 11月 28日
  132. 首藤一幸:
    "Access Grid: グリッド上のヒューマンインタラクション支援のためのプロジェクト",
    Sun Japan ERC 2002 Tokyo,
    2002年 11月 7日
  133. 首藤一幸:
    "Access Grid: Extending the Computational Grid",
    グリッド協議会 第2回研究会,
    2002年 10月 8日
  134. 首藤一幸:
    "Javaバイトコード処理系の作り方",
    (株)ケイ・ラボラトリー ミーティング,
    2001年 6月 12日
  135. 首藤一幸:
    "shuJIT",
    エミュレータ BOF, オープンソース祭り 2001 in 秋葉原,
    2001年 2月 11日
  136. 首藤一幸, 村岡洋一:
    "Javaスレッド移送システムと広域計算基盤との統合",
    並列・分散処理研究開発機構(PDC) 平成 11年度 研究成果報告会,
    2000年 3月 7日
  137. Kazuyuki Shudo:
    "GCI project, MOBA, Streaming Calculation",
    Mathematics and Computer Science Division (MCS), Argonne National Laboratory (ANL) & NCSA での講演,
    2000年 2 月28日, 3月 1日

執筆 (雑誌等の記事)

  1. 首藤一幸:
    "一生に、何社で働く? 一度に、何社で働く?",
    WEBRONZA, 朝日新聞社,
    2017年 11月 7日
  2. 首藤一幸:
    "IT業界の未来――エンジニア幸福論",
    WEBRONZA, 朝日新聞社,
    2017年 5月 26日
  3. 首藤一幸:
    "汎用AIはヒトを殴る夢を見るか",
    WEBRONZA, 朝日新聞社,
    2017年 5月 18日
  4. 首藤一幸:
    "プログラミング教育「必修化」の期待と課題",
    WEBRONZA, 朝日新聞社,
    2017年 5月 8日
  5. 首藤一幸:
    "私の大学時代 ―新世界に踏み出す皆さんへ―, 首藤一幸",
    情報処理, Vol.56, No.4, p.370-371, (一社)情報処理学会,
    2015年 3月 15日
  6. 首藤一幸:
    "未踏 スーパークリエータ",
    通信ソサイエティマガジン B-plus 2015年春号 No.32, pp.237-238, (一社)電子情報通信学会,
    2015年 3月 1日
  7. 首藤一幸:
    "2012年度長尾真記念特別賞紹介:自分流",
    情報処理, Vol.54, No.8, p.827, (社)情報処理学会,
    2013年 7月 15日
  8. 首藤一幸:
    "IT業界ビギナーのためのお勧め書籍55冊+α - 首藤一幸",
    Software Design 2013年 5月号, pp.46-47, (株)技術評論社,
    2013年 4月 18日
  9. 首藤一幸:
    "5. 起業をめぐるバイアスと価値提供のあり方",
    くらしと経済の基盤としてのITを考える研究会報告書, (独)情報処理推進機構,
    2012年 3月 30日
  10. 首藤一幸:
    "特集 未踏ユースから育ったタレントたち, PART 2 プロジェクトマネージャからも一言, 好きこそものの上手なれ",
    情報処理, Vol.52, No.12, pp.1520-1521, (社)情報処理学会,
    2011年 11月 15日
  11. クラウドコンピューティング社会の基盤に関する研究会:
    "クラウドコンピューティング社会の基盤に関する研究会 報告書",
    (独)情報処理振興機構 (IPA),
    2010年 3月 24日
  12. 首藤一幸:
    "key-valueストアの基礎知識",
    Software Design 2010年 2月号, pp.14-21, (株)技術評論社,
    2010年 1月 18日
  13. Kazuyuki Shudo:
    "Papers and Topics: A substratum of distributed systems with millions of autonomous computers",
    Tokyo Tech International, Autumn 2009 Vol.12,
    2009年 12月
  14. 首藤一幸:
    "クラウドコンピューティング: 5. スケールアウトの技術" (解説記事),
    情報処理, Vol.50, No.11, pp.1080-1085, (社)情報処理学会,
    2009年 11月 15日
  15. 首藤一幸:
    "スケールアウトの技術",
    UNIX magazine 2009年 4月号, pp.78-91, (株)アスキー・メディアワークス,
    2009年 3月 18日
  16. 首藤一幸:
    "平成18年度論文賞の受賞論文紹介:Overlay Weaverができるまで",
    情報処理, Vol.48, No.7, p.762, (社)情報処理学会,
    2007年 7月 15日
  17. 首藤一幸:
    "P2P実用ソフトウェアへの道",
    UNIX magazine 2006年 10月号, pp.44-47, (株)アスキー,
    2006年 9月 16日
  18. 首藤一幸:
    "アプリケーション層マルチキャスト:基本と応用",
    UNIX magazine 2006年 10月号, pp.34-43, (株)アスキー,
    2006年 9月 16日
  19. Kazuyuki Shudo:
    "Overlay Weaver: An Overlay Construction Toolkit",
    AIST Today, No.21, Summer 2006, p.15, National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (AIST), ISSN 1346-602X,
    2006年 8月
  20. 首藤一幸:
    "オーバレイ構築ツールキット Overlay Weaver",
    産総研 TODAY, Vol.6, No.6, 産業技術総合研究所, ISSN 1880-0041,
    2006年 6月 1日
  21. 首藤一幸:
    "ハッカー養成塾! -- ハック教を切り刻め",
    オープンソースマガジン 2006年 6月号, pp.114-115, ソフトバンククリエイティブ(株), ISBN4-7973-3370-7,
    2006年 5月 8日
  22. 首藤一幸:
    "P2Pとグリッドの関係",
    情報・システムソサイエティ誌, Vol.10, No.3, pp.8-9, 電子情報通信学会,
    2005年 11月 1日
  23. 首藤一幸, 阿部洋丈, 亀井聡, 塩澤一洋, 高木浩光:
    "パネル討論「今後のP2Pソフトウェア」",
    コンピュータソフトウェア, Vol.22, No.3 (July 2005), pp.1-7, 日本ソフトウェア科学会,
    2005年 7月 26日
  24. 首藤一幸:
    "GCCのJavaコンパイラ"GCJ"ガイド",
    Fedora Core Expert, pp.180-191, (株)技術評論社, ISBN4-7741-2425-7,
    2005年 7月 2日
  25. Kazuyuki Shudo:
    "P2P-Based Middleware Enabling Transfer and Aggregation of Computational Resources",
    AIST Today, No.15, Winter 2005, p.26, National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (AIST), ISSN 1346-602X,
    2005年 1月
  26. 首藤一幸:
    "P2P 分散処理ミドルウェア P3",
    AIST Today, Vol.4, No.12, p.27, 産業技術総合研究所,
    2004年 12月 1日
  27. 首藤一幸:
    "Java 仮想マシンの仮想化機能: マルチタスキング",
    Software Design 2004年 9月号, p.22, (株)技術評論社,
    2004年 8月 18日
  28. Kazuyuki Shudo:
    "Asia Pacific: A Distinctive Region of Diversity, Ready for AG",
    AG Focus, Vol.2, Issue.2, p.6,
    Future Laboratory, MCS, Argonne National Laboratory,
    2004年 6月
  29. Kazuyuki Shudo:
    "Karaoke & The Grid: AG Entertainment at Its Finest",
    AG Focus, Vol.2, Issue.2, p.4,
    Future Laboratory, MCS, Argonne National Laboratory,
    2004年 6月
  30. 首藤一幸:
    "多拠点協働システム・アクセスグリッド",
    AIST Today, Vol.4, No.2, p.41, 産業技術総合研究所, ISSN 1346-5805,
    2004年 2月 1日
  31. 首藤一幸, 田中良夫, 関口智嗣:
    "インタネットの新しい応用の開拓を目指して(小特集), 2章「計算」応用の開拓 -- 情報のWebから計算・デバイス・ソフトウェアのグリッドへ",
    映像情報メディア学会誌 2003年 12月号 (Vol.57, No.12), pp.1626-1631, 映像情報メディア学会,
    2003年 12月 1日 (11/27 受領)
  32. 首藤一幸:
    "グリッド & Java 最前線",
    月刊ジャバワールド 2003年 11月号, pp.62-73, IDGジャパン,
    2003年 9月 24日
  33. 首藤一幸:
    "会議レポート Asia Pacific Grid Workshop 2001",
    情報処理, Vol.43, No.2, pp.201-202, 情報処理学会
    2002年 2月
  34. 首藤一幸:
    "マルチスレッドプログラムに対するデバッギングの心得",
    月刊ジャバワールド 2002年 1月号, pp.64-73, IDGジャパン,
    2001年 11月 22日
  35. 首藤一幸:
    "グローバルコンピューティング(9)「ボランティアコンピューティング」",
    Computer Today 2001年 9月号, pp.65-72, サイエンス社
    2001年 8月 17日
  36. 首藤一幸:
    "最適化の手引き",
    月刊ジャバワールド 2000年 9月号, pp.58-75, IDGジャパン,
    2000年 7月 24日

執筆 (書籍)

  1. 高林哲, 鵜飼文敏, 佐藤祐介, 浜地慎一郎, 首藤一幸 [著], Studio Tib. [訳]:
    "Binary Hacks--駭客秘傳技巧一百招" (中国語翻訳版),
    碁峰資訊股份有限公司, ISBN978-986-276-766-5,
    2013年 6月 3日
  2. Ian Griffiths, Matthew Adams, Jesse Liberty [著], 鈴木幸敏, 首藤一幸, (株)情報技研 [訳]:
    "プログラミングC# 第6版",
    オライリー・ジャパン, ISBN978-4-87311-517-7,
    2011年 11月 29日
  3. Luiz André Barroso, Urs Hölzle [著], 高嶋優子, 徳弘太郎 [訳], 丸山不二夫, 首藤一幸, 浦本直彦 [監修]:
    "Googleクラウドの核心 (原題: The Datacenter as a Computer)",
    (株)日経BP, IBSN978-4822284312,
    2010年 8月 5日
  4. 高林哲, 鵜飼文敏, 佐藤祐介, 浜地慎一郎, 首藤一幸 [著], 蒋斌杨超 [訳]:
    "Binary Hacks:黑客秘笈100选" (中国語翻訳版),
    中国电力出版社, ISBN978-7-5083-8793-2,
    2010年 1月
  5. 丸山不二夫, 首藤一幸 [編]:
    "クラウドの技術",
    (株)アスキー・メディアワークス, ISBN978-4-04-868064-6,
    2009年 11月 6日
  6. Jesse Liberty [著], 鈴木幸敏, 首藤一幸, (株)情報技研 [訳]:
    "プログラミングC# 第5版",
    オライリー・ジャパン, ISBN978-4-87311-396-8,
    2009年 2月 25日
  7. 高林哲, 鵜飼文敏, 佐藤祐介, 浜地慎一郎, 首藤一幸 [著], 진명조 [訳]:
    "BINARY HACKS: 해커가 전수하는 테크닉 100선" (韓国語翻訳版),
    Info-Tech Corea (ITC), ISBN978-89-90758-74-3,
    2007年 7月
  8. 高林哲, 鵜飼文敏, 佐藤祐介, 浜地慎一郎, 首藤一幸:
    "Binary Hacks",
    オライリー・ジャパン, ISBN4-87311-288-5,
    2006年 11月 11日
  9. Jesse Liberty [著], 鈴木幸敏, 首藤一幸, (株)情報技研 [訳]:
    "プログラミングC# 第4版",
    オライリー・ジャパン, ISBN4-87311-264-8,
    2006年 2月 24日
  10. Jesse Liberty [著], 鈴木幸敏, 首藤一幸, (株)情報技研 [訳]:
    "プログラミングC# 開発運用 第3版",
    オライリー・ジャパン, ISBN4-87311-185-4,
    2004年 5月 28日
  11. Jesse Liberty [著], 首藤一幸, 鈴木幸敏, (株)情報技研 [訳]:
    "プログラミングC# 言語解説 第3版",
    オライリー・ジャパン, ISBN4-87311-179-X,
    2004年 3月 26日
  12. 奥村晴彦, 首藤一幸, 杉浦方紀, 土村展之, 津留和生, 細田隆之, 松井吉光, 光成滋生 [著]:
    "Javaによるアルゴリズム事典",
    技術評論社, ISBN4-7741-1729-3,
    2003年 5月 8日
  13. David Franagan [著], 豊福剛 [訳], 首藤一幸 [技術監修]:
    "Javaプログラム クイックリファレンス 第2版",
    オライリー・ジャパン, ISBN4-87311-054-8,
    2001年 9月

コンテスト

  1. 首藤一幸:
    "strictfpの実装",
    Javaに関する技術・応用・表現大賞 '99 技術部門 (準大賞),
    1999年 11月 9日
  2. 首藤一幸, 根山亮, 秋岡明香 (村岡研究室分散コンピューティング班):
    "スレッド移送システムとその負荷分散への応用",
    Javaに関する技術・応用・表現大賞 '98 技術部門 (奨励賞),
    1998年 11月
  3. 首藤一幸:
    "x86用 Just In Timeコンパイラ shuJITと JITコンパイラによる Java仮想マシンの分散オブジェクト対応 JITDO",
    Javaに関する技術・応用・表現大賞 '98 技術部門 (奨励賞),
    1998年 11月

受賞

  1. 首藤一幸 ("オペレーティングシステムの卵いじり"):
    平成27年度 理学部若手教員教育賞, 東京工業大学 理学部,
    2016年 3月
  2. 首藤一幸 ("オーバレイネットワークのアルゴリズムおよび基盤ソフトウェア"):
    2012年度 長尾真記念特別賞, 情報処理学会,
    2013年 6月
  3. 首藤一幸 ("オーバレイネットワークの基盤・応用ソフトウェアの研究"):
    平成24年度科学技術分野の文部科学大臣表彰 若手科学者賞, 文部科学省,
    2012年 4月
  4. 長尾洋也, 首藤一幸 ("グループ間通信を抑制するオーバレイネットワークの構成手法"):
    最優秀ポスター賞, 第22回 コンピュータシステム・シンポジウム (ComSys 2010),
    2010年 11月 29日〜30日
  5. 長尾洋也, 首藤一幸 ("柔軟な経路表によるオーバレイネットワークのルーティング方式"):
    DICOMO2010 優秀論文賞, DICOMO2010 実行委員会
    2010年 8月
  6. 長尾洋也, 首藤一幸 ("柔軟な経路表によるオーバレイネットワークのルーティング方式"):
    DICOMO2010 優秀プレゼンテーション賞,
    2010年 7月
  7. 首藤一幸 ("スケーラブルな広域ルーティング方式の研究"):
    平成22年度 東工大挑戦的研究賞, 東京工業大学,
    2010年 7月
  8. 首藤一幸 ("オーバレイネットワークの基盤・応用ソフトウェアに関する研究"):
    第9回 船井学術賞, (財)船井情報科学振興財団,
    2010年 3月
  9. 首藤一幸:
    平成19年度 山下記念研究賞, 情報処理学会,
    2008年 3月
  10. ウタゴエ株式会社:
    Tech Venture 2008, CNET Networks Japan,
    2008年 2月 20日
  11. 首藤一幸:
    2006年度上期 未踏ソフトウェア創造事業 スーパークリエータ認定, (独)情報処理振興機構 (IPA),
    2007年 5月
  12. 首藤一幸, 田中良夫, 関口智嗣:
    平成18年度 論文賞, 情報処理学会,
    2007年 5月
  13. 首藤一幸, 田中良夫, 関口智嗣:
    SACSIS2006 最優秀論文賞,
    2006年 5月

委員等の活動

  1. 情報処理学会 論文誌シニア査読委員,
    2016年 6月〜2019年 5月
  2. 2015 Int'l Conf. on Advanced Technologies for Communications (ATC-2015), TPC member, 2015年 7月〜10月
  3. 情報処理学会 新世代企画委員会, 委員,
    2015年 6月 19日〜2017年 6月 18日
  4. 情報処理学会 プログラミング研究会 運営委員,
    2015年 4月 1日〜2017年 3月 31日
  5. 30th and 31st ACM/SIGAPP Symposium on Applied Computing (SAC 2015 〜 2016, Special Track on Operating Systems, Technical Program Committee member, 2014年〜2016年
  6. 18th, 19th, 20th and 21st IEEE/ACM Int'l Symposium on Distributed Simulation and Real Time Applications (DS-RT 2014 〜 2017), Special Session Co-chair, 2014年〜2017年
  7. 29th, 30th, 31st and 32nd Int'l Conf. on Information Networking (ICOIN 2015 〜 2018), Technical Program Committee member, 2014年〜2018年
  8. 1st, 2nd, 3rd and 4th Int'l Workshop on Big Data Management for the Internet of Things (BIOT 2014 〜 2017), Program Committee,
    2013年〜2017年
  9. 日本ソフトウェア科学会 第30回大会, プログラム委員,
    2013年
  10. 情報処理学会 論文誌査読委員,
    2013年 6月〜2016年 5月
  11. 情報処理学会 論文誌コンピューティングシステム (ACS) 編集委員会, 委員,
    2013年 4月 1日〜2017年 3月 31日
  12. 4th Int'l Workshop on Enablers for Ubiquitous Computing and Smart Services (EUCASS 2013), Program Committee,
    2012年 12月〜2013年 7月
  13. 情報処理推進機構 (IPA) セキュリティ・キャンプ中央大会実施委員会, 委員,
    2012年 4月 17日〜2013年 3月 31日
  14. 経済産業省 産業構造審議会 情報経済分科会 人材育成ワーキンググループ, 委員,
    2012年 3月〜8月
  15. 経済産業省 ウェブビジネスの動向を踏まえた産業政策研究会, 委員 (座長),
    2012年 1月 27日〜2012年 3月 16日
  16. 3rd Int'l Workshop on Enablers for Ubiquitous Computing and Smart Services (EUCASS 2012), Technical Committee member,
    2011年 12月〜2012年 7月
  17. 17th IEEE Int'l Conf. on Parallel and Distributed Systems (ICPADS 2011), Program Committee,
    2011年
  18. 日本ソフトウェア科学会, ソフトウェア論文賞選定委員,
    2011年 7月〜2012年 1月
  19. 情報処理推進機構 (IPA) くらしと経済の基盤としてのITを考える研究会, 委員,
    2010年 12月 17日〜2012年 3月 31日
  20. 電子情報通信学会 英文論文誌B, インターネット新技術の導入・運用小特集号 (Special Section on Deployment and Operation of New Internet Technology: Challenges and Approaches), 編集委員,
    2010年 12月〜2011年
  21. 経済産業省 クラウドセキュリティ管理基準策定タスクフォース, 委員,
    2010年 7月〜
  22. First International Conference on Networking and Computing (ICNC'10), Program Committee,
    2010年
  23. 情報処理学会 論文誌査読委員,
    2010年 6月〜2013年 5月
  24. 情報処理学会 第73回全国大会 実行委員会, 委員,
    2010年〜2011年 3月
  25. 日本ソフトウェア科学会, 編集委員,
    2010年 4月〜2017年 3月
  26. 日本ソフトウェア科学会 プログラミング論研究会 (PPL), 運営委員,
    2010年 4月〜2013年 3月
  27. 電子情報通信学会 和文論文誌B, 社会基盤としてのインターネットアーキテクチャ特集号, 編集委員,
    2010年 1月 29日〜2010年 10月 1日
  28. 情報処理学会 平成21年度 論文賞選定ワーキンググループ, 委員,
    2009年 9月 1日〜2010年 6月 1日
  29. 2nd and 3rd Int'l Workshop on Information Network Design (WIND '092010)), Program Committee,
    2009年〜2010年
  30. 電子情報通信学会 インターネットアーキテクチャ研究会, 専門委員,
    2009年 5月 23日〜2015年 5月総会日
  31. 情報処理推進機構 (IPA) 未踏 IT 人材発掘・育成事業, プロジェクトマネージャー,
    2009年 5月 1日〜2017年 3月 31日
  32. 情報処理学会論文誌: プログラミング (プログラミング研究会), 編集委員,
    2009年 4月〜2013年 3月
  33. 情報処理推進機構 (IPA) クラウド・コンピューティング社会の基盤に関する研究会, 委員,
    2009年 3月 2日〜2010年 3月 31日
  34. Interop Tokyo 2009〜2011 クラウドコンピューティングコンペティション 実行委員会, 実行委員,
    2008年〜2011年
  35. 情報処理学会 平成20年度論文賞委員会, 委員,
    2008年 9月 10日〜2009年 5月 30日
  36. 情報処理学会 システムソフトウェアとオペレーティング・システム研究会 運営委員,
    2008年 4月〜2012年 3月
  37. 3rd and 4tn Int'l Workshop on Dependable and Sustainable Peer-to-Peer Systems (DAS-P2P 2008 〜 2009), Program Committee,
    2007年〜2009年
  38. 科学技術振興機構 研究開発戦略センター (JST/CRDS), ディペンダブルネットワークワークショップ, アプリケーション・サービス分科会, メンバ,
    2007年 9月〜
  39. 情報処理学会 平成19年度論文賞委員会, 委員,
    2007年 9月 3日〜2008年 5月 30日
  40. 情報処理学会 平成18年度論文賞委員会, 委員,
    2006年 9月 14日〜2007年 5月 30日
  41. 第9, 10, 19回プログラミングおよびプログラミング言語ワークショップ (PPL 2007, 2008, 2017), プログラム委員 (2008はプログラム共同委員長),
    2006〜2008,2016〜2017年,
  42. IFIP International Conference on Network and Parallel Computing (NPC 2006), Program Committee,
    2006年
  43. 情報処理学会 論文誌編集委員 (名簿),
    2006年 6月〜2010年 5月
  44. 情報処理学会 プログラミング研究会 運営委員,
    2005年 4月〜2009年 3月
  45. 5th, 6th, 7th and 8th Int'l Workshop on Global and Peer-to-Peer Computing (GP2PC 2005 〜 2008), Program Committee,
    2004年〜2008年
  46. SACSIS 2005, 2006, 2007, 2009, 2010, 2011 - 先進的計算基盤システムシンポジウム, プログラム委員,
    2005年〜2011年
  47. 並列/分散/協調処理に関するサマーワークショップ (SWoPP), 実行委員,
    2004年〜2005年
  48. 第16, 17, 20〜23回 コンピュータシステムシンポジウム (ComSys 2004, 2005, 2008〜2011), プログラム委員,
    2004年〜2011年
  49. インターネットコンファレンス2004, 実行委員,
    2004年
  50. SC2003 (Committees), SC2004, SC Global Committee, Outreach Specialist,
    2003年〜2004年
  51. 情報処理学会 システムソフトウェアとオペレーティング・システム研究会 運営委員,
    2002年 4月〜2006年 3月
  52. IEEE Computer Society Japan Chapter, Treasurer,
    1999年〜2004年

研究・開発予算の獲得

企業との共同研究・受託研究は除く。
  1. 首藤一幸:
    "社会基盤たり得る分散台帳の研究",
    一般研究助成, (公財)セコム科学技術振興財団,
    2017年 10月〜
  2. 中央大学, 東京工業大学 (首藤一幸), 富士通(株), 日本電気(株):
    "高速ストレージクラスメモリを用いた極低消費電力ヘテロジニアス分散ストレージサーバーシステム",
    国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構 (NEDO) からの受託研究,
    2016年 〜 2018年 3月 31日
  3. 首藤一幸:
    "ベンチマークの解剖学",
    科学研究費助成事業ー科研費ー 挑戦的萌芽研究, 日本学術振興会,
    2016年 4月〜2018年 3月
  4. 首藤一幸, 秋岡明香:
    "特徴量の高精度な推定を可能にする大規模グラフのサンプリング手法",
    科学研究費助成事業ー科研費ー 挑戦的萌芽研究, 日本学術振興会,
    2014年 4月〜2016年 3月
  5. 首藤一幸:
    "100億ノードからなる自律分散システムのシミュレーション手法",
    科学研究費助成事業ー科研費ー 若手研究(A), 日本学術振興会,
    2013年 4月〜2017年 3月
  6. 首藤一幸:
    "スケーラブルな広域ルーティング方式",
    科学研究費助成事業ー科研費ー 挑戦的萌芽研究, 日本学術振興会,
    2012年 4月〜2014年 3月
  7. 理化学研究所, 東京工業大学 (首藤一幸), (株)インターネットイニシアティブ:
    "大規模コンテンツ配信基盤を実現するアクセス網のクラウド化",
    (独)情報通信研究機構 (NICT) からの受託研究,
    2011年 9月 7日〜 2013年 3月 31日
  8. 首藤一幸:
    "数百万ノードからなる自律分散システムの実験環境構成法",
    科学研究費補助金 若手研究(A), 文部科学省 (審査は日本学術振興会),
    2010年 4月〜2012年 3月
  9. 首藤一幸:
    "100万を超えるノードからなる自律分散システムの実験環境構成法",
    科学研究費補助金 若手研究(スタートアップ), 日本学術振興会,
    2009年〜 2011年 3月 (2010年度は上記の若手研究(A)が採択されたため実施せず)
  10. 根山亮, 首藤一幸, 徳永慎一:
    "視聴体験の受動性・能動性を柔軟に構成可能なPeer-to-Peer映像・音声配信基盤",
    未踏ソフトウェア創造事業, 情報処理推進機構 (IPA),
    2007年 (採択後にスーパークリエータ認定のため参加資格喪失)
  11. 池長慶彦, 首藤一幸:
    "実ネットワークに適応するオーバレイマルチキャスト放送基盤",
    未踏ソフトウェア創造事業, 情報処理推進機構 (IPA),
    2006年
  12. 首藤一幸 (日本側共同研究代表者), Antoniu Gabriel (フランス側共同研究代表者):
    "DISCUSS: DIstributed Scalable Collaboration Using Sharing Services (Peer-to-Peer技術に基づく広域コラボレーションソフトウェア)",
    日仏交流促進事業 <SAKURA> 共同研究(仏外務省), (独)日本学術振興会,
    2006年〜 (採択後に離職のため引き継ぎ)
  13. 産業技術総合研究所 (開発責任者: 首藤一幸):
    "組織内およびインターネット上の遊休PCを用いた大規模並列計算のためのミドルウェア",
    次世代ソフトウェア開発事業, 情報処理振興事業協会 (IPA),
    2003年
  14. 産業技術総合研究所 (開発責任者: 首藤一幸):
    "組織内およびインターネット上の遊休PCを用いた大規模並列計算のためのミドルウェア",
    次世代ソフトウェア開発事業, 情報処理振興事業協会 (IPA),
    2002年
  15. 首藤一幸:
    "ストリーミング計算に基づく広域高性能計算に関する研究",
    科学研究費補助金 奨励研究(A), 文部省,
    2000年

利用上の注意事項


Back to