Shudo's Publication List:
構造化オーバレイ (主に Overlay Weaver 関係)

Last-updated: July 4, 2017


  1. Kazuyuki Shudo:
    "Message Bundling on Structured Overlays",
    Proc. 22nd IEEE Symposium on Computers and Communications (IEEE ISCC 2017), pp.424-431,
    2017年 7月 3〜6日 (投稿, 397件, 採択 169件)
  2. 青木優介, 大西真晶, 首藤一幸:
    "Ballistic Skip Graph: Skip Graph型定数次数構造化オーバレイ",
    第9回 広域センサネットワークとオーバレイネットワークに関するワークショップ,
    2017年 6月 10日〜11日
  3. 青木優介, 大西真晶, 首藤一幸:
    "Ballistic Skip Graph: Skip Graph型定数次数構造化オーバレイ",
    電子情報通信学会 技術研究報告, Vol.116, No.490, IA2016-112, SITE2016-82, pp.197-202,
    2017年 3月 3日〜4日
  4. Takafumi Kawaguchi, Ryohei Banno, Masashi Hojo, Masaaki Ohnishi, Kazuyuki Shudo:
    "Self-Refining Skip Graph: Skip Graph Approaching to an Ideal Topology",
    Proc. 14th IEEE Consumer Communications & Networking Conference (IEEE CCNC 2017), pp.441-448,
    2017年 1月 8〜11日 (regular paper, 投稿 302件, 採択 regular paper 105件, work-in-progress paper 40件)
  5. Masashi Hojo, Ryohei Banno, Kazuyuki Shudo:
    "FRT-Skip Graph: A Skip Graph-Style Structured Overlay Based on Flexible Routing Tables",
    Proc. 21st IEEE Symposium on Computers and Communications (IEEE ISCC 2016), pp.688-693,
    2016年 6月 27〜30日 (full paper, 投稿 403件, 採択 full paper 159件, short paper 18件)
  6. 川口峻史, 坂野遼平, 北條真史, 首藤一幸:
    "Self-Refining Skip Graph: 理想的なSkip Graphに近づいていく構造化オーバレイ",
    第8回 広域センサネットワークとオーバレイネットワークに関するワークショップ,
    2016年 3月 22日〜23日
  7. 北條真史, 坂野遼平, 首藤一幸:
    "FRT-Skip Graph: 柔軟な経路表に基づくSkip Graph型構造化オーバレイ",
    第8回 広域センサネットワークとオーバレイネットワークに関するワークショップ,
    2016年 3月 22日〜23日
  8. 川口峻史, 坂野遼平, 北條真史, 首藤一幸:
    "Self-Refining Skip Graph: 理想的なSkip Graphに近づいていく構造化オーバレイ",
    電子情報通信学会 技術研究報告, Vol.115, No.481, IA2015-96, SITE2015-64, pp.103-108,
    2016年 3月 3日〜4日
  9. 北條真史, 坂野遼平, 首藤一幸:
    "FRT-Skip Graph: 柔軟な経路表に基づくSkip Graph型構造化オーバレイ",
    電子情報通信学会 技術研究報告, Vol.115, No.481, IA2015-95, SITE2015-63, pp.97-102,
    2016年 3月 3日〜4日
  10. 三津山修平, 北條真史, 首藤一幸:
    "確率的エントリ削除方式により経路表構築を行う構造化オーバレイ",
    電子情報通信学会 技術研究報告, Vol.115, No.481, IA2015-94, SITE2015-62, pp.91-95,
    2016年 3月 3日〜4日
  11. Masashi Hojo, Hiroya Nagao, Takehiro Miyao, Kazuyuki Shudo:
    "A Two-dimensional Structured Overlay Based on Flexible Routing Tables",
    Proc. 20th IEEE Symposium on Computers and Communications (IEEE ISCC 2015), pp.309-314,
    2015年 7月 6〜9日 (投稿 341件, 採択 137件)
  12. 北條真史, 長尾洋也, 宮尾武裕, 首藤一幸:
    "柔軟な経路表に基づく二次元平面上の構造化オーバレイ",
    情報処理学会論文誌, Vol.56, No.2, pp.439-447,
    2015年 2月 15日
  13. Hiroya Nagao, Kazuyuki Shudo:
    "Mergeable Flexible Routing Tables: A Design Framework for Reusable Structured Overlay Algorithms",
    Proc. Int'l Conf. on Information Networking 2015 (ICOIN 2015),
    2015年 1月12〜14日 (投稿 260件, 採択:口頭発表 63件, 採択:ポスター発表 58件)
  14. 北條真史, 長尾洋也, 宮尾武裕, 首藤一幸:
    "柔軟な経路表に基づく二次元平面上の構造化オーバレイ",
    第7回 広域センサネットワークとオーバレイネットワークに関するワークショップ,
    2014年 11月 29日〜30日
  15. Yasuhiro Ando, Hiroya Nagao, Takehiro Miyao, Kazuyuki Shudo:
    "Routing Table Construction Method Solely Based on Query Flows for Structured Overlays",
    Proc. 14th IEEE Int'l Conference on Peer-to-Peer Computing (IEEE P2P'14),
    2014年 9月 8日〜12日 (short paper, 投稿 54件, 採択 regular length paper 14件, short paper 11件)
  16. 北條真史, 長尾洋也, 宮尾武裕, 首藤一幸:
    "柔軟な経路表に基づく二次元平面上の構造化オーバレイ",
    マルチメディア、分散、協調とモバイル DICOMO2014 シンポジウム論文集,
    2014年 7月 9〜11日
  17. Takehiro Miyao, Hiroya Nagao, Kazuyuki Shudo:
    "A Structured Overlay for Non-uniform Node Identifier Distribution Based on Flexible Routing Tables",
    Proc. 19th IEEE Symposium on Computers and Communications (IEEE ISCC 2014),
    2014年 6月 23〜26日 (投稿 338件, 採択 157件)
  18. 安藤泰弘, 長尾洋也, 宮尾武裕, 首藤一幸:
    "構造化オーバレイにおけるクエリの流量のみに基づく経路表構築手法",
    電子情報通信学会 技術研究報告, Vol.113, No.472, NS2013-207, pp.179-184,
    2014年 3月 5日〜7日
  19. 北條真史, 長尾洋也, 宮尾武裕, 首藤一幸:
    "柔軟な経路表に基づく二次元平面上の構造化オーバレイ",
    電子情報通信学会 技術研究報告, Vol.113, No.472, NS2013-206, pp.173-178,
    2014年 3月 5日〜7日
  20. Yasuhiro Ando, Hiroya Nagao, Takehiro Miyao, Kazuyuki Shudo:
    "FRT-2-Chord: A DHT Supporting Seamless Transition between One-hop and Multi-hop Lookups with Symmetric Routing Table",
    Proc. Int'l Conf. on Information Networking 2014 (ICOIN 2014),
    2014年 2月10〜12日 (投稿 238件, 採択:口頭発表 63件, 採択:ポスター発表 49件)
  21. 宮尾武裕, 長尾洋也, 首藤一幸:
    "柔軟な経路表に基づく範囲検索可能な構造化オーバレイ",
    インターネットコンファレンス2013 (IC2013) 論文集, ISSN 1341-870X, pp.61-67,
    2013年 10月 24日〜25日 (投稿 13件, 採択 9件)
  22. 北條真史, 長尾洋也, 宮尾武裕, 首藤一幸:
    "二次元平面上のP2Pオーバレイネットワークにおける経路表の順序関係に基づいたルーティング手法",
    萌芽セッション, 日本ソフトウェア科学会 第30回大会,
    2012年 9月 10〜13日
  23. Takehiro Miyao, Hiroya Nagao, Kazuyuki Shudo:
    "A Method for Designing Proximity-aware Routing Algorithms for Structured Overlays",
    Proc. 18th IEEE Symposium on Computers and Communications (IEEE ISCC'13),
    2013年 7月 7〜10日
  24. 安藤泰弘, 長尾洋也, 宮尾武裕, 首藤一幸:
    "FRT-2-Chord: one-hopとmulti-hopのシームレスな移行が可能かつ経路表に対称性を持つDHTアルゴリズム",
    情報処理学会論文誌 コンピューティングシステム (ACS), Vol.5, No.5, pp.66-75,
    2012年 10月 15日
  25. 長尾洋也, 宮尾武裕, 首藤一幸:
    "構造化オーバレイにおける経路表構築アルゴリズム拡張のモデル化に関する一考察",
    マルチメディア、分散、協調とモバイル DICOMO2012 シンポジウム論文集,
    2012年 7月 4〜6日
  26. 安藤泰弘, 長尾洋也, 宮尾武裕, 首藤一幸:
    "FRT-2-Chord: one-hopとmulti-hopのシームレスな移行が可能かつ経路表に対称性を持つDHTアルゴリズム",
    先進的計算基盤システムシンポジウム (SACSIS2012) 論文集, pp.210-218,
    2012年 5月 16〜18日 (投稿 55件, 採択 36件)
  27. 安藤泰弘, 長尾洋也, 宮尾武裕, 首藤一幸:
    "FRT-2-Chord: one-hopとmulti-hopのシームレスな移行が可能かつ経路表に対称性を持つDHTアルゴリズム",
    電子情報通信学会 技術研究報告, Vol.111, No.469, IN2011-149, pp.73-78,
    2012年 3月 8日〜9日
  28. 長尾洋也,宮尾武裕,首藤一幸:
    "柔軟な経路表を中心とする構造化オーバレイ理論の一検討",
    電子情報通信学会 技術研究報告, Vol.111, No.277, NS2011-115, pp.67-70,
    2011年 11月 10日〜11日
  29. 宮尾武裕,長尾洋也,首藤一幸:
    "構造化オーバレイにおける経路表の順序関係に基づくネットワーク近接性の考慮手法",
    インターネットコンファレンス2011 (IC2011) 論文集, ISSN 1341-870X, pp.41-48,
    2011年 10月 27〜28日 (投稿 18件, 採択 11件)
  30. 安藤泰弘, 長尾洋也, 宮尾武裕, 首藤一幸:
    "FRT-2-Chord: Multi-HopとOne-Hopのシームレスな移行が可能なDHTアルゴリズム",
    萌芽セッション, 日本ソフトウェア科学会第28回大会,
    2011年 9月 27日
  31. 島村祥平, 長尾洋也, 宮尾武裕, 首藤一幸:
    "複数データセンター間でのDHTの性能評価",
    萌芽セッション, 日本ソフトウェア科学会第28回大会,
    2011年 9月 27日
  32. Hiroya Nagao, Kazuyuki Shudo:
    "Flexible Routing Tables: Designing Routing Algorithms for Overlays Based on a Total Order on a Routing Table Set",
    Proc. 11th IEEE Int'l Conference on Peer-to-Peer Computing (IEEE P2P'11), pp.72-81,
    2011年 8月 31日〜9月 2日 (full paper 投稿 97件, 採択 29件)
  33. Hiroya Nagao, Shuji Suzuki, Kazuyuki Shudo:
    "A 3D Visualization System for Structured Overlays",
    Demonstration, Proc. 11th IEEE Int'l Conference on Peer-to-Peer Computing (IEEE P2P'11), pp.168-169,
    2011年 8月 31日〜9月 2日
  34. 宮尾武裕,長尾洋也,首藤一幸:
    "構造化オーバレイにおける経路表の順序関係に基づくネットワーク近接性の考慮手法",
    情報処理学会 研究報告, 2011-OS-118(-15),
    SWoPP鹿児島2011 (並列/分散/協調処理に関するサマー・ワークショップ),
    2011年 7月 27日〜29日
  35. 長尾洋也,首藤一幸:
    "構造化オーバレイにおけるバーチャルノード融合",
    情報処理学会 研究報告, 2011-DPS-147(-25) / 2011-MBL-58(-25),
    2011年 6月 2日〜3日
  36. 宮尾武裕,長尾洋也,首藤一幸:
    "構造化オーバレイにおける柔軟な経路表を活用したネットワーク近接性の考慮",
    情報処理学会 研究報告, 2011-DPS-147(-24) / 2011-MBL-58(-24),
    2011年 6月 2日〜3日
  37. 長尾洋也, 首藤一幸:
    "柔軟な経路表: 経路表空間上の順序関係を利用したオーバレイネットワークルーティング方式",
    先進的計算基盤システムシンポジウム (SACSIS2011) 論文集,
    2011年 5月 25〜27日 (投稿 74件, 採択 39件) (SACSIS2011 優秀若手研究賞: 対象 62件から 3件)
  38. 宮尾武裕,長尾洋也,首藤一幸:
    "構造化オーバレイにおける柔軟な経路表を活用したネットワーク近接性の考慮",
    ポスターセッション, 先進的計算基盤システムシンポジウム (SACSIS2011) 論文集,
    2011年 5月 25〜27日
  39. 長尾洋也, 首藤一幸:
    "柔軟な経路表: 経路表空間上の順序関係を利用したオーバレイネットワークルーティング方式",
    電子情報通信学会 技術研究報告, Vol.110, No.448, NS2010-253, pp.503-508,
    2011年 3月 3日〜4日
  40. 宮尾武裕, 長尾洋也, 首藤一幸:
    "構造化オーバレイにおける柔軟な経路表を活用したネットワーク近接性の考慮",
    情報処理学会 第73回全国大会 講演論文集,
    2011年 3月 2〜4日 (第73回全国大会 学生奨励賞)
  41. 長尾洋也, 首藤一幸:
    "グループ間通信を抑制するオーバレイネットワークの構成手法" (最優秀ポスター賞),
    ポスター・デモセッション, 第22回 コンピュータシステム・シンポジウム (ComSys 2010),
    2010年 11月 29日〜30日
  42. 長尾洋也, 首藤一幸:
    "新しいアプリケーション層ルーティング方式",
    IIJ Techtalk (社内講演会),
    2010年 10月 14日
  43. 長尾洋也, 首藤一幸:
    "オーバレイネットワークにおけるグループ間通信抑制手法",
    情報処理学会 研究報告, 2010-OS-115(-11),
    SWoPP金沢2010 (並列/分散/協調処理に関するサマー・ワークショップ),
    2010年 8月 3日〜5日
  44. 長尾洋也, 首藤一幸:
    "柔軟な経路表によるオーバレイネットワークのルーティング方式",
    マルチメディア、分散、協調とモバイル DICOMO2010 シンポジウム論文集, ISSN 1882-0840,
    2010年 7月 7〜9日
  45. 長尾洋也, 首藤一幸:
    "柔軟な経路表によるオーバレイネットワークの設計",
    情報処理学会 研究報告, 2010-OS-114(-11),
    2010年 4月 22日
  46. 首藤一幸:
    "クラウドを支えるオーバレイネットワーク技術",
    某社 基幹技術フォーラム,
    2010年 2月 26日
  47. Kazuyuki Shudo:
    "Papers and Topics: A substratum of distributed systems with millions of autonomous computers",
    Tokyo Tech International, Autumn 2009 Vol.12,
    2009年 12月
  48. 首藤一幸:
    "オーバレイネットワーク, peer-to-peerコンテンツ配信, クラウド" (招待講演),
    第5回アンビエントGCOEシンポジウム アンビエントSoCのためのIT基盤技術と応用 講演集, pp.89-112,
    2009年 9月 26日
  49. 首藤一幸:
    "構造化オーバレイでの一括フォワーディング",
    情報処理学会論文誌 コンピューティングシステム (ACS), Vol.2, No.3, pp.39-46,
    2009年 9月 18日
  50. 首藤一幸:
    "オーバレイネットワークの展開",
    進化を続けるP2Pネットワーク構成・運用技術 (チュートリアル), 電子情報通信学会 2009年 ソサイエティ大会 講演論文集 (CD_ROM),
    2009年 9月 15日 (講演論文集は 9月 1日発行)
  51. Kazuyuki Shudo:
    "Churn Tolerance Improvement Techniques in an Algorithm-neutral DHT",
    Proc. 3rd Int'l Conference on Autonomous Infrastructure, Management and Security (AIMS 2009), LNCS 5637, pp.42-55,
    2009年 7月 2日 (投稿 28件, 採択 full paper 12件, short paper 3件)
  52. 首藤一幸:
    "構造化オーバレイでの一括フォワーディング",
    先進的計算基盤システムシンポジウム (SACSIS2009) 論文集, pp.79-86,
    2009年 5月 28〜29日 (投稿 68件, 採択 38件)
  53. Kazuyuki Shudo:
    "Structured and Unstructured Overlay Networks",
    The First Int'l Workshop on Information Network Design (WIND'08), Kitakyushu,
    2008年 12月 5日
  54. 首藤一幸:
    "オーバレイ・センサネットワーク 〜 オーバレイネットワークへの期待" (基調講演),
    Live E! シンポジウム 2008 予稿集, pp.51-68,
    2008年 9月 19日
  55. 首藤一幸, 中尾彰宏:
    "構造化オーバレイでの一括フォワーディング",
    情報処理学会 研究報告, 2008-OS-109(-1), pp.1-8,
    SWoPP佐賀2008 (並列/分散/協調処理に関するサマー・ワークショップ),
    2008年 8月 6日
  56. 首藤一幸:
    "Overlay WeaverとそのPlanetLab上での運用",
    インターネット技術第163委員会 (ITRC) 第23回研究会,
    2008年 5月 16日
  57. 首藤一幸:
    "Proof of conceptのその先に 〜 オーバレイネットワークの実際 〜",
    ゼミナールI (教育方針,google), 奈良先端科学技術大学院大学 情報科学研究科,
    2008年 4月 14日
  58. 首藤一幸:
    "下位アルゴリズム中立なDHT実装への耐churn手法の実装",
    情報処理学会論文誌: コンピューティングシステム, Vol.49, No.SIG2 (ACS 21), pp.1-9,
    2008年 3月
  59. 首藤一幸:
    "Proof of conceptのその先に 〜 オーバレイネットワークの実際 〜",
    情報共有(P2P)研究会, (財)日本情報処理開発協会,
    2008年 2月 29日
  60. Kazuyuki Shudo, Yoshio Tanaka, Satoshi Sekiguchi:
    "Overlay Weaver: An Overlay Construction Toolkit",
    Computer Communications (Special Issue on Foundations of Peer-to-Peer Computing), Elsevier Science,
    Volume 31, Issue 2, pp.402-412,
    2008年 2月 5日 (available online on August 14, 2007)
  61. 首藤一幸:
    "オーバレイネットワークの実際",
    情報処理学会関西支部講演会「新たなネットワークパラダイムとその可能性 -オーバレイ/P2P/ユビキタス-」,
    2007年 12月 7日
  62. 首藤一幸:
    "下位アルゴリズム中立なDHT実装への耐churn手法の実装",
    第19回 コンピュータシステム・シンポジウム (ComSys 2007) 論文集, pp.191-198,
    2007年 11月 27〜28日
  63. 首藤一幸:
    "Proof of conceptのその先に 〜 オーバレイネットワークの実際 〜" (招待講演),
    第40回 情報科学若手の会,
    2007年 9月 16日
  64. 首藤一幸:
    "Proof of conceptのその先に 〜 オーバレイネットワークの実際 〜" (招待講演),
    第11回 プログラミングおよび応用のシステムに関するワークショップ (SPA 2007),
    2007年 9月 3日
  65. 首藤一幸:
    "平成18年度論文賞の受賞論文紹介:Overlay Weaverができるまで",
    情報処理, Vol.48, No.7, p.762, (社)情報処理学会,
    2007年 7月 15日
  66. 首藤一幸:
    "オーバレイネットワーク",
    IIJ 社内講演会,
    2007年 3月 15日
  67. 首藤一幸:
    "オーバレイネットワーク" (チュートリアル),
    東京電機大学 ユビキタスネットワーキング研究室,
    2007年 1月 22日
  68. Kazuyuki Shudo:
    "Means for Peer-to-Peer Research" (invited talk),
    DAS-P2P 2007, Hiroshima,
    2007年 1月 16日
  69. 首藤一幸:
    "オーバレイ構築ツールキットOverlay Weaver",
    第327回 PTT (Programming Tools and Techniques),
    2006年 11月 30日
  70. 首藤一幸, 田中良夫, 関口智嗣:
    "オーバレイ構築ツールキットOverlay Weaver",
    情報処理学会論文誌: コンピューティングシステム, Vol.47, No.SIG12 (ACS 15), pp.358-367,
    2006年 9月 (情報処理学会 平成18年度論文賞)
  71. Kazuyuki Shudo:
    "Overlay Weaver: An Overlay Construction Toolkit",
    AIST Today, No.21, Summer 2006, ISSN 1346-602X, p.15, National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (AIST),
    2006年 8月
  72. 首藤一幸:
    "オーバレイ構築ツールキット Overlay Weaver",
    産総研 TODAY, Vol.6, No.6, 産業技術総合研究所, ISSN 1880-0041,
    2006年 6月 1日
  73. 首藤一幸, 田中良夫, 関口智嗣:
    "オーバレイ構築ツールキットOverlay Weaver",
    先進的計算基盤システムシンポジウム (SACSIS2006) 論文集, pp.183-191,
    2006年 5月 22〜24日 (最優秀論文賞)
  74. 首藤一幸, 田中良夫, 関口智嗣:
    "オーバレイ構築ツールキットOverlay Weaver",
    第9回 プログラミングおよび応用のシステムに関するワークショップ (SPA 2006), ポスターセッション,
    2006年 3月 6日
  75. 首藤一幸, 田中良夫, 関口智嗣:
    "オーバレイ構築ツールキットOverlay Weaver",
    第9回 プログラミングおよび応用のシステムに関するワークショップ (SPA 2006),
    2006年 3月 6日

Back to